« ヘッド指板磨き | トップページ | 鏡面仕上げ »

2008年1月 2日 (水)

塗装

あけましておめでとうございます。

正月休みは製作三昧わーい(嬉しい顔)です
いよいよ塗装に入りました。

折角なので、シェラック塗装の方法を細かく書こうと思います。(長文になります)

1、木地の仕上げ
 400番までサンドペーパーがけをします。
 シェラックは塗装が薄いので、ここでどれだけ丁寧にやるかが後々大きく響き、
 いい加減にやると修正が難しくなります。

2、スピットコート
Supittokotohyoumen  濃いめのシェラック液を布(古Tシャツなど)で塗りつけて、色止めと

 次の目止めの準備をすることです。
 濃い液を塗るからと言って、たっぷり付けてはいけません。シェラック

 の刷毛筋ができるとやはり後で修正できません。濃い液を少しずつ

重ねて色が布に付かなくなるまでやります。

3,目止め
 パミスと言う軽石の微粉末をアルコールで湿らせて布につけ、スピットコートの塗膜を
 削りながら溶かしながら擦ると導管やわずかな隙間が埋まります。
 パミスの粉で隙間を充填して、シェラックの溶けたのがパミスに染み込んで、接着剤
 代わりになって固めると言う感じです。
 これも付けすぎないように少しずつやらないと、平らな面にパミスが残って後で苦労
 します。

4,タンポ刷り準備
 親指の頭ぐらいに丸めた古靴下の端切れにTシャツ布をかぶせて、「照る照る坊主」
 を作ります。
 これに一旦シェラックを染み込ませて紙に塗りつけます(少しかすれるくらいまで)。

 これは芯にシェラックを染み込ませて置くと同時に、塗るときに極薄く塗るために必要
 な準備です。

5,タンポ刷り
 4のタンポに油(僕はオリーブオイルを使っています)を少し(半滴くらい)付けて
 円を描くように塗りつけます。

 けっして動きを止めないことが大事です。動かしながら塗り始め、動かしながら離す。
 ちょっとでも止まると布が塗装面にくっつき、修正にかなり時間がかかります。

 塗り進むうちにシェラックが少なくなって重く感じるようになりますが、強めにタンポを
 当てると芯からシェラックがにじみ出てくるので続けて塗ることができます。

 続けて塗ると芯からの染み出しも少なくなって来るので、ここでシェラック液の供給
 です。4に戻ります。

 4をやると、かなり無駄にシェラックを使ってしまいますが、
 「極薄く何度も重ねてむらなく塗る」 と言うのが、もっとも重要なのです。

 一通り塗ったら塗膜を安定させるため数時間乾燥させます。
 途中で目止めが完全でなかったら、どの段階でも良いのでもう一度パミスをかけます

 次に塗るときにはシェラック液を少し薄くして同じ事を繰り返します。

 1日に3回ぐらいまでにした方が良いと思います。柔らかいままの塗膜に塗り重ね
 ると、指紋や布目が付きやすく、一度付いたら修正が面倒です。

 これを数回やって最終的には供給するのはアルコールだけにし、油も無しにます。

HyoumennkanseiRimenkansei   一応これでできあがりです。

 もちろんこの後「鏡面仕上げ」にするなら、この後

 極細かなコンパウンドなどで磨く事で仕上げると

良いでしょう。

今回はここまではやりませんが、それでもこの写真ぐらいまではいけます。

« ヘッド指板磨き | トップページ | 鏡面仕上げ »

フラットマンドリン0号機」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

ついに塗装ですね。良い感じではありませんか。
私はシェラックは未経験なので参考にさせて頂きます。

今年もよろしくお願いいたします。

やっとここまでたどり着きました。
本当に失敗だらけで去年2月から初めて
もう10ヶ月になってしまいました。

後もう一息で完成です。

シェラックでの塗装をみなさん結構難しくて
面倒だと思っていらっしゃるようですが、意外
と簡単で、特別な道具も要らず、早くできて、
良いものです(^-^)

ウクレレを造つて居ます 77歳男性です
自己流でシェラツク塗装仕上げをくりかえし 最終仕上げ
は 塗りみぞ?を平にする為2000番 最後は3000番迄研ぎ上げ最後はギター用のコンパウンドで研ぐのですが マツト仕上げの様になつてしまいます パミスが導管に残る事も有ります これでも40日ほどかかります
スプレー塗装の仕上げの様には行きません タンポンにしみ込ませるシェラツクの量が解りませんでした 次のウクレレから トライしてみます 大変参考になりました
有難う御座いました 結果は連絡させて頂きます。

ウクレレを造つて居ます 77歳男性です
自己流でシェラツク塗装仕上げをくりかえし 最終仕上げ
は 塗りみぞ?を平にする為2000番 最後は3000番迄研ぎ上げ最後はギター用のコンパウンドで研ぐのですが マツト仕上げの様になつてしまいます パミスが導管に残る事も有ります これでも40日ほどかかります
スプレー塗装の仕上げの様には行きません タンポンにしみ込ませるシェラツクの量が解りませんでした 次のウクレレから トライしてみます 大変参考になりました
有難う御座いました 結果は連絡させて頂きます。

ウクレレを造つて居ます 77歳男性です
自己流でシェラツク塗装仕上げをくりかえし 最終仕上げ
は 塗りみぞ?を平にする為2000番 最後は3000番迄研ぎ上げ最後はギター用のコンパウンドで研ぐのですが マツト仕上げの様になつてしまいます パミスが導管に残る事も有ります これでも40日ほどかかります
スプレー塗装の仕上げの様には行きません タンポンにしみ込ませるシェラツクの量が解りませんでした 次のウクレレから トライしてみます 大変参考になりました
有難う御座いました 結果は連絡させて頂きます。

ウクレレを造つて居ます 77歳男性です
自己流でシェラツク塗装仕上げをくりかえし 最終仕上げ
は 塗りみぞ?を平にする為2000番 最後は3000番迄研ぎ上げ最後はギター用のコンパウンドで研ぐのですが マツト仕上げの様になつてしまいます パミスが導管に残る事も有ります これでも40日ほどかかります
スプレー塗装の仕上げの様には行きません タンポンにしみ込ませるシェラツクの量が解りませんでした 次のウクレレから トライしてみます 大変参考になりました
有難う御座いました 結果は連絡させて頂きます。

ウクレレを造つて居ます 77歳男性です
自己流でシェラツク塗装仕上げをくりかえし 最終仕上げ
は 塗りみぞ?を平にする為2000番 最後は3000番迄研ぎ上げ最後はギター用のコンパウンドで研ぐのですが マツト仕上げの様になつてしまいます パミスが導管に残る事も有ります これでも40日ほどかかります
スプレー塗装の仕上げの様には行きません タンポンにしみ込ませるシェラツクの量が解りませんでした 次のウクレレから トライしてみます 大変参考になりました
有難う御座いました 結果は連絡させて頂きます。

ウクレレを造つて居ます 77歳男性です
自己流でシェラツク塗装仕上げをくりかえし 最終仕上げ
は 塗りみぞ?を平にする為2000番 最後は3000番迄研ぎ上げ最後はギター用のコンパウンドで研ぐのですが マツト仕上げの様になつてしまいます パミスが導管に残る事も有ります これでも40日ほどかかります
スプレー塗装の仕上げの様には行きません タンポンにしみ込ませるシェラツクの量が解りませんでした 次のウクレレから トライしてみます 大変参考になりました
有難う御座いました 結果は連絡させて頂きます。

ウクレレをシェラツク塗装仕上げをしています 77歳
男性 大変参考になりました これで仕上げが解りました
2000番~3000番真で研ぎ上げても 最終塗装で
塗りムラが出てしまい ギター用コンパウンド2種を使い
最終種上げ 上手く行きませんでした 早速トライしてみます 仕上がりは報告させて頂きます
有難う御座いました。

ウクレレをシェラツク塗装仕上げをしています 77歳
男性 大変参考になりました これで仕上げが解りました
2000番~3000番真で研ぎ上げても 最終塗装で
塗りムラが出てしまい ギター用コンパウンド2種を使い
最終種上げ 上手く行きませんでした 早速トライしてみます 仕上がりは報告させて頂きます
有難う御座いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/9690938

この記事へのトラックバック一覧です: 塗装:

» シェラック塗装フレンチポリッシュでサンバーストをしこしこの巻 [山口ブルーグラス・ブログ]
義父の死を受けとめるべく、お酒の席やブログの書き込みを止め、 もちろんライブ活動も停止をしていたわけであるが、 実は、しこしこ心を静めるためにしてたことがある。(山ノ神にしかられそう。) それはマンドリンの厚いアクリル塗装を剥がして、フレンチポリッシュをしようというもの。 写真上左が、ケンタッキーのマンドリンだけど、写真上右のように分厚い塗装。 こいつはこれでも結構鳴るんだが、これをフレンチポリッシュにすると、すごいことのなるかも。 しかし、難題がある。やはりマンドリンと..... [続きを読む]

« ヘッド指板磨き | トップページ | 鏡面仕上げ »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ