« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月27日 (日)

インレイ切り出し終了

インレイの切り出しが終わりましたぴかぴか(新しい)

Inreikiridasi2 まだ角角した所があるので、少しヤスリで削ってならします。
次はヘッドプレートにこれをはめ込む溝掘りかな?

 
 

Inreikiridasi3 しかしインレイの切り出しは時間がかかりましたたらーっ(汗)
だいたい6時間ぐらいです。
僕は1日に2時間程度しか作業時間がとれないので、3日かかったことになります。

先日の日記で「ブレードが悪いからすぐ折れる」と書きましたが間違いでした。
正しくは「腕が悪いからすぐ折れる」でした。お詫びして訂正いたしますあせあせ

今日の作業では新品のバローベのブレードを使ったのです。
確かに切れは素晴らしく、力を入れずともシャカシャカ切れるのですが、
折れることに変わりありませんでした。

2008年4月25日 (金)

インレイの切り出し中

Inreitotyu1 インレイの切り出し中です。
大きい部品の外形と下側の細い所がとりあえずできて、
次は大きい部品の中抜きです。
穴になるところが多いので、やたら面倒くさそうですがまん顔

ここまででもうすでにジュエリーソウのブレードを5本も折りました。
切れないブレードは余分な力が掛かるので、折れるのも早い=結局高く付くと言うこと
ですね。
もう安物には手を出さないぞっと言いながらまた100均に行く僕ですあせあせ

2008年4月12日 (土)

ヘッドデザイン変更

先日から作っていたヘッドのデザインを変えることにしました。

Fukurakuteiの文字が細くて繊細なのに、蝙蝠の図柄は幅広で
アンバランスな感じだったので、思い切って変えます。

Heddodezain この絵は月琴のCHARLIEさんから教えてもらった図で、
蝙蝠の目の前に 銭がある意匠で、
「蝠在眼銭」=「福在眼前」=「福は眼前にあり」
と言う意味でとてもおめでたい意匠だそうです。

ちょっと難しいけれどがんばって作りましょう手(チョキ)

2008年4月 6日 (日)

インレイその1

今日はしこしこちまちまとインレイを作りましたうまい!

まずイケチョウガイ表面をベルトサンダーで2cm*6cmくらい平らにし、
その部分を切り出して、裏側を平らにしました。
この貝の真珠層は本当に厚くて場所を選べば10cm角の平板も取れそうわーい(嬉しい顔)

切り出した貝に図案を貼り付けて目の細かな糸鋸
(ジュエリーソー)で切り出しました。

Inreiname 本当はバローベのブレードを使えばいいはずのところを、
もったいないからと、以前買った別のメーカーのブレード
を使ったらこれが良くなかった。
変に引っかかって結局何カ所も割れてしまいましたふらふら
でも、きちんとすればこれでも使えるのでこのまま使おう
と思います。
やっぱり俺ってケチかも?

とりあえず文字の方はこれで行き、コウモリ柄の方は次回にします。

2008年4月 2日 (水)

ネック加工その2

ネック加工の続き

トラスロッド溝と蓋
Torasufura トラスロッドの溝は普通に真っ直ぐ掘ってあるのですが、これを
加工してトラスロッドが最初から順反りになるようにします。

理屈は簡単で、底と蓋を弧状に切り出して、それでトラスロッドを
サンドイッチにするだけです。
これによって最初から弦のテンションをうち消す方向にトラスロッド
が戻ろうとする力が掛かるので、ネックに反りが出にくいと言うこと
になっています。

ヘッドスクロール部の補強
Heddohokyou ヘッド右側のスクロールは大きさの割りに本体とのつなぎが細く
なるので、木目を直角にした補強材を埋めます。
だいたい厚さ5mm強ですので、ヘッド全体の厚さの約3分の1
が横向きの木目になります。
ここはテキストでは円形の補強材を入れることになっていますが、
四角い方が加工しやすいので角形にしました。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ