« マホガニーネック&表面板接ぎ合わせ | トップページ | 3号機裏面外側荒削り »

2008年12月17日 (水)

サンディングと削り始め

ブロックやサイド板のサンディングをした。

Borokkukezurimae ブロック材では、墨線の通りに切れていなかっ
た部分を、ボール盤に付けた筒状のサンドペ
ーパーで墨線に合わせて削る。

サイド板は鋸傷をベルトサンダーできれいに削
Borokkukezurigo り落とした。
これをきちんとやっておかないと、曲げるときに
鋸傷部分に余分な力が掛かって割れるから、
丁寧に削り落とした。

本当はオールマホガニーの面板外形切り出しと、ネック
ヘッド外形切り出しが終わっていないけれど、それはそれ
ぞれの作業開始前にやることにしてたあっかんべー

次の作業は面板削りだ。
(すでに1面はほぼ終わり掛けているが)裏表が4台分で
8面削らなくてはいけない。
どの順で削るのか?
Rimennbannkezurihajime1 柔らかく削りやすい表面板ではなく最初はメイ
プルの裏面から始めることにした。
表面板はできあがりの音に最も影響のある部
品なので、作業になれて少し上達してからやる
方が良いと思ったのだ。

Rimennbannkezurihajime2 あまり時間がなかったので、今日は本当に削り
始めただけ。

しばらくはこの作業が続くことになるだろう。
だけどこの作業が一番好きなので、おそらく苦
にはならないだろうと思う。
でも、もし飽きてきたら、サイドの曲げでもやるかウインク

« マホガニーネック&表面板接ぎ合わせ | トップページ | 3号機裏面外側荒削り »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/26267560

この記事へのトラックバック一覧です: サンディングと削り始め:

« マホガニーネック&表面板接ぎ合わせ | トップページ | 3号機裏面外側荒削り »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ