« ネック材&面板切り出し | トップページ | 製材もお終いだ »

2008年12月 7日 (日)

ブロック、面板、サイド&ライニング

バンドソーでの作業が続いている。

ブロック材
Burokkukiridasi 3台まとめて切り出すのは初めてのことだ。
ちょっとは バンドソーでの曲線切りに上達が
あるのか?
何となくではあるけれど「コツ」に気が付いた
かも?指でOK
まぁそのためにまとめて数をこなす事にしたのだから、
少しは巧くならないと意味無いからなぁ。あっかんべー

面板
Menbannkiridasi これもブロックと同様スクロールのきついカーブ
がある。
ブロック切り出し時に気が付いたことに注意して
切ろうと
思ったところまでは良かったけれど、バンドソー
のフトコロが足りないせいで、スクロールの最後
までは切れなかったうまい!
切れていない部分は後から糸鋸で切り出そう。

サイド
こいつはなんのことはない幅34mmに直線切りするだけ。

ライニング
Sokubannrorainingu 普通は出来合いのスプルースライニングを使う
ところだが、教科書には「メイプルまたはマホガ
ニー」と指定されている。
面板の端材で作製した。
等間隔にしようと言うことはあまり考えず、カーブ
のきつい部分は間隔を狭く、緩いところは広めに

したつもりだ。

バンドソーでの作業もそろそろ終わりが見えてきた。
ネックとヘッド、指板材とブリッジ材のラフカットを残すのみだ。

« ネック材&面板切り出し | トップページ | 製材もお終いだ »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/26001017

この記事へのトラックバック一覧です: ブロック、面板、サイド&ライニング:

« ネック材&面板切り出し | トップページ | 製材もお終いだ »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ