« ダルシマー完成 | トップページ | こんな風に削っている »

2009年1月 2日 (金)

2号表面板削りだし

2号機の表面板(レッドシダー)を削りだした。

2gouhyoumennsoto メイプルやシカモアと比べるとやはりかなり柔ら
かく、どんどん削れるのだけれど、調子に乗っ
てやると彫りすぎそうだ。
ある程度で一旦止め、型紙を合わせながら彫った。

2gouhyoumennuti1 どうも針葉樹というのは、柔らかい分削る方向に
は気を使わなけれ ばいけないようで、すぐに逆目
になってボロボロむしれが出るようだ。

荒削りのうちはその程度のことは気にしなくても
良いけれど、細かく薄く削る段階になると
削る向きをちゃんと気にしながらの作業になった。

随分手が早くなってきていて、最初は表裏で約9時間と言って
いた けれど5時間ぐらいで1面削り終わった。
材が柔らかいこともあるけれど、それなりに慣れてきている手(チョキ)

« ダルシマー完成 | トップページ | こんな風に削っている »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/26744134

この記事へのトラックバック一覧です: 2号表面板削りだし:

« ダルシマー完成 | トップページ | こんな風に削っている »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ