« 昨日の続き=4号表面板 | トップページ | 2号表面仕上げ削り »

2009年1月27日 (火)

対策案

自分なりに 考えてみた。

わずかであるが開いているかも知れない隙間について。
接着剤だけを充填するより何か骨材を混ぜた方が良いと思う。
木の粉はよく使われるけれど、スプルースの粉は柔らかく
軽すぎる。
ここはに目止めに使う砥の粉を接着剤に混ぜて無理込んで
みようと思う。

これだけで「音質」が改善されることはないと思うので、
それにプラスしてこの位置にブレーシングを入れようと思う。
幅を少し広め(10mmくらい)に高さを低く(4mmくらい?)で。
これを入れることで左右の振動が一体化して一枚板になるの
では無かろうか?

これが正解かどうか解らないけれど、やらないよりはよいと
思う。
いや、絶対に良くなるはずだと信じてやるぞ!手(チョキ)

« 昨日の続き=4号表面板 | トップページ | 2号表面仕上げ削り »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/27524084

この記事へのトラックバック一覧です: 対策案:

« 昨日の続き=4号表面板 | トップページ | 2号表面仕上げ削り »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ