« 2号表面仕上げ削り | トップページ | 4号裏面仕上げ削り開始 »

2009年1月29日 (木)

5号表面仕上げ削り

4号表面板のセンターブレイスはあまり上手くくっつかなかった。
Fクランプではとどかなかったので、木片を当ててやろうとしたけ
れど 無理があるようで、一部隙間が出来たのだ。
表面板センターの隙間対策のためにやったのに、隙間があっ
ては お話にならない。
カムクランプみたいな懐の深いクランプを用意しなくては、本当
の ブレーシングの接着も上手く行かないぞっうまい!

話は変わって5号機の表面板
こいつは2号のレッドシダーとは逆に硬くて重いトップ材だから、
薄めに削った。一番薄いところで、2mm切るぐらいだ。

いつも試奏してくれる人に訊いた話では、彼が弾いたオールマ
ホのマンドリンは、甘くてふくよかな音ではなくカチカチで音量の
でないものだったそうだ。
そのマンドリンがどの程度の厚さのものだったのかは解らない
けれど、スプルースと同じ厚みにするときっとそういう音になる
に違いない。

5gouhyoumennomote スプルースなら、2.7-2.8mm程度の所だ
から、2割以上薄くした事になる。
比重だけなら、この程度で同じくらいの重さに
なるだろうという所だ けれど、堅さや曲げ強さ
など他の要素もあるので、どれくらいが良いの
5gouhyoumennura かまったく解らないうまい!
タップした感じではカチンカチンではないので、
まぁこんなもんか っていうアバウトな感覚の厚さ
あっかんべー
タップ音は低めになったけれど、かなり高音の
響きも感じられる。
できあがりは倍音がたっぷりと感じられる賑やかな音になるの
だろうか?
それならそれで楽しいなぁわーい(嬉しい顔)

« 2号表面仕上げ削り | トップページ | 4号裏面仕上げ削り開始 »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/27587408

この記事へのトラックバック一覧です: 5号表面仕上げ削り:

« 2号表面仕上げ削り | トップページ | 4号裏面仕上げ削り開始 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ