« 5号面板内側削り | トップページ | 昨日の続き=4号表面板 »

2009年1月25日 (日)

3,4号表面調整

表面板の調整に入った。

まずはスプルーストップの2台から。
テキストには一番薄いところ(縁から25mm内側)が2.75mm
厚でちょっと薄すぎる2.3から2.5mmの所が数カ所あっても
良いけど、その長さは25mm以上にならないようにとある。

結果
3号機
3gouhyoumensotonaname_23gouhyoumennutinaname 3gouhyoumenntoukakou2



 

 

  見た目のカーブはなかなか旨くできたと思うのだけれど、
測ってみると薄い部分が長くできてしまった[m:55]
写真3(透過光で撮った)の白っぽく見えるところがそれ。
今更どうしようもないのでこの厚さで行く事にする。
厚みの調整というのは実際にやってみるとかなり難しいものだ。

明日は4号の写真と結果を書こう。

« 5号面板内側削り | トップページ | 昨日の続き=4号表面板 »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/27461128

この記事へのトラックバック一覧です: 3,4号表面調整:

« 5号面板内側削り | トップページ | 昨日の続き=4号表面板 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ