« 対策案 | トップページ | 5号表面仕上げ削り »

2009年1月28日 (水)

2号表面仕上げ削り

4号機のセンターブレーシングを成型して接着して。
これは明日まで乾かしてから写真を撮ろう。
いまは音が改善されていることを願うしかないのだ。

で、乾燥を待つ間に2号、5号の表面板を削った。
まずは2号の話。

2gouhyoumennomote 素材はレッドシダーなので、スプルースに比べ
柔らかくて腰がなさそうで、テキストに書いてあ
る数字より若干厚め(最薄で3から3.5mm
程度)に削り上げた。
スプルースより2割り増しの厚さではあるが、
タップ音は 柔らかく低くなった。
2gouhyoumennura 最初の予定では音質はともかく音の高さだけ
は揃えようと思っていたのだけれど無理だった

照明に透かしてみたけれどスプルースのよう
には透過し なかったので、厚みを目で確認す
ることは出来ない。

« 対策案 | トップページ | 5号表面仕上げ削り »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/27554881

この記事へのトラックバック一覧です: 2号表面仕上げ削り:

« 対策案 | トップページ | 5号表面仕上げ削り »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ