« 2号表面板削りだし | トップページ | タップ音を揃えたい »

2009年1月 3日 (土)

こんな風に削っている

今日は朝9時から途中昼食、3時休憩、犬の散歩を挟んで
19時まで約8時間削りっぱなしだった。くたびれたなぁ。

3号の表面板の内外と、4号表面板外側まで出来た。
かなり順調だと思う。

できあがりの写真はほとんど変わりなくてつまらないから、
今日は内側彫り工程の途中で写真を撮った。

1枚目
3gouhyoumenuti1 荒削りの終わり。まだ2mmくらい彫らなくては
いけないと言うところで、四方反り鉋をバイオ
リンプレーンに持ち替える。
でこぼこやむしれた所も、まだまだ酷い状態だ。

2枚目
3gouhyoumenuti2 バイオリンプレーンで型紙に合わせながら掘り
進み、後少しと言うところまで来ている。
ここで型紙は用済みだ。
裏面板なら最後まで型紙に合わせてやるとこ
ろだが、表面板では、この後はタッピングしな
がらの調整になる。

後ほんの少しバイオリンプレーンで削り込んで、タップ音が
かなりいい感じ(もうちょっとか?)と言うところでバイオリン
プレーンからサンドペーパー#120に替えた。

裏面の時はこの状態から後はスクレーパーなのだけれど、
柔らかく傷つきやすい木で、ここまで来て傷が付くと今までの
苦労が水の泡になりそうなので(スクレーパーも逆目が引っ
かかる時があるから)ペーパー掛けで、でこぼこを均してゆく。

3枚目
3gouhyoumenuti3 これで終了。滑らかに出来た。
撫でるとすべすべしていて気持ちいい手(チョキ)

« 2号表面板削りだし | トップページ | タップ音を揃えたい »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/26772795

この記事へのトラックバック一覧です: こんな風に削っている:

« 2号表面板削りだし | トップページ | タップ音を揃えたい »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ