« 4号裏面仕上げ削り開始 | トップページ | 面板仕上げ削り終了 »

2009年2月 4日 (水)

4号裏面内側とゴーバーデッキもどき

4号表面のセンターブレイシング接着のやり方について
いろいろ考えたけれど、これからのことも考えるとゴーバー
デッキ方式が好ましいように思うので作ることにした。

4gouhyoumennburesingusettyaku1 と言っても、今使っている作業台の脚部分に
面板接ぎ合わせようの板を置いただけ。
ゴーバーは竹で作った。
それなりに上手くできたけれど、ゴーバーの
長さはもう少し 短い方がやりやすそうだ。

4gourimennuti 接着している間に前回の残り4号裏面板内側
の仕上げ削りをした。
今度は厚みの調整もまずまず上手くできたと
思う。

やっぱり先に裏面板から始めて、慣れてから表面板を削った
方が良かった。今更言っても仕方ないけれど泣き顔

« 4号裏面仕上げ削り開始 | トップページ | 面板仕上げ削り終了 »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/27782491

この記事へのトラックバック一覧です: 4号裏面内側とゴーバーデッキもどき:

« 4号裏面仕上げ削り開始 | トップページ | 面板仕上げ削り終了 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ