« ブレーシング作製&接着 | トップページ | ネックの続き&しまったぁ*2 »

2009年2月25日 (水)

ネック加工開始

ブレーシングを付けた表面板は枠に接着してからチューニング
(ブレーシングの削り)をする事にしているので、しばらくはお休み。

次はネックを仕上げることにする。
Torasuroddomizokakou トラスロッドの溝を掘って、大まかに形を切り出
した状態のネック まずはトラスロッドの溝を成型
する。

マンドリンのロッドは一本の棒にネジが付いて
Torasuroddofutaいるだけという極めて シンプルなものだから、
その分溝に加工する必要がある。

溝の底を丸く削ってロッドががたつかないよう
にする。
同時にネックの真ん中あたりが凹んだ形に少しだけRを付ける。
こうすることによって、仕込んだロッドが始めから逆ぞり方向に
力を掛ける事になるので、弦を張るとちょうどバランスが取れて
反りにくくなると言うことだ。また、それはロッドのネジを締めると
より強く働くことになるので、反りが矯正できるっていうわけだ。

Nekkuseikei1 その次は、けがき線より大きめに切り出した
ネックを、上から見てけがき線と同じになる
ところまで削った。

« ブレーシング作製&接着 | トップページ | ネックの続き&しまったぁ*2 »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/28364160

この記事へのトラックバック一覧です: ネック加工開始:

« ブレーシング作製&接着 | トップページ | ネックの続き&しまったぁ*2 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ