« ライニング削りと表面板接着 | トップページ | ライニング削りと2号表面板貼り付け »

2009年3月18日 (水)

南京鉋作りその2

今日の日記2つ目

南京鉋作りの続き

Nankinnkannna2 先日左右を接着したので、今日はまず補強を
入れるところから。
鋸と彫刻刀で幅2mm深さ3mmの溝を掘り、
そこに端材のローズウッド板をはめ込み接着
した。

ちょっと頼りない補強なので、次回までにもう少し補強を付け
ようと思う。

Nannkinnkannna3 刃口は反り鉋形にしたときに広くなってしまった
のだが、どうせもう少し狭くするつもりなのだし、
真鍮板も埋め込むつもりなのでこれでいいのだ

問題は刃の押さえ部分の精度が今ひとつで、
緩くなった事。
がたつくほどではないけれど、指で刃を押さえるとゆっくりと
入って行く。これでは使うときに刃が動くだろうと言うことで、
何とかきつきつにしなければいけない。

木でシムを作ろうかとも思ってけれどすでにがたつかないところ
までは出来ているので、木の板が入るわけがない。

と言うことでコピー用紙を刃と同じ大きさに切った物を差し込んで
タイトボンドで接着した。これで何とか刃が動かないようになった。

Nannkinnkannnakezurikasu まだ作りかけではあるがちょっと端材を削って
みた。
鉋屑の感じもこんな感じでOKかと思う指でOK

« ライニング削りと表面板接着 | トップページ | ライニング削りと2号表面板貼り付け »

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/28681720

この記事へのトラックバック一覧です: 南京鉋作りその2:

« ライニング削りと表面板接着 | トップページ | ライニング削りと2号表面板貼り付け »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ