« 追加ネック外形切り出し | トップページ | ネック削り&ヘッド割れ止め埋め込み »

2009年4月 1日 (水)

ネック荒削り

エイプリルフールではあるが、根っから真面目で冗談
の一つも思いつかない人間なので、いつもの通りの
作業報告だけあっかんべー

まずはヘッド表面をベルトサンダーできれいにして、
ヘッドの厚みを揃えた。これも道具はベルトサンダー。

その後ネックの荒削りをした。

Nekkuarakezuri 今回は新兵器「南京鉋&岩崎木彫ヤスリCP」
を使った。
南京鉋は仕込みが悪く、削っているうちに少し
ずつ 刃が奧に入ってゆくげっそり
それでも普通に刃が出ているときは非常に使
いやすく いい感じだった。
Nekkuarakezuridouguけれどそのほかにも左右の刃の出方が微妙
に違ったり、刃口に真鍮板を貼るのにしくじっ
て、3mmも開いていたり、いろいろ変なところ
があるので、これは一 から作り直そう。
と言っても当分出番はないので、作り直しは
当分の間しないウッシッシ

木彫ヤスリの方は完璧と言っていい使い心地だった。
力の入れ方一つでざくざく行ったり、仕上げに近い感じで
削ったりも思いのままだ。良い買い物をしたと思うわーい(嬉しい顔)

この後の作業予定
ネックの太さをテキスト通りに仕上げる。
ヘッドスクロールの割れ止めを埋め込む。
ヘッドインレイを作製してペグヘッドベニアに埋め込む。
ペグヘッドベニアをヘッドに貼る。
ヘッドの外形を仕上げる。

まだまだやることはいっぱいあるなぁ目がハート

« 追加ネック外形切り出し | トップページ | ネック削り&ヘッド割れ止め埋め込み »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/28915908

この記事へのトラックバック一覧です: ネック荒削り:

« 追加ネック外形切り出し | トップページ | ネック削り&ヘッド割れ止め埋め込み »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ