« ネックジョイント作製開始 | トップページ | ネックジョイント失敗 »

2009年4月12日 (日)

ネックジョイント続き

ネックジョイントのつづき

2gounekkujointo バンドソーで切り出したネックエンド部分は
けがき線が 残る程度に切ってあるので、まず
はこれを、けがき線が 「ちょうど」無くなるよう
に削った。
道具は迷った結果彫刻刀と木彫ヤスリ2本。

5gounekkujoiinto きっちり削ることは出来れば、型紙にぴったり
になるはず。
大体これくらいになっていれば、ブロック側も
同様に する事で、ほぼぴったりと言うところ
までいけるはず。

ネックブロック側ジョイント切り出し

Burokkujointo1 こっちはネック側ジョイントのけがきに使った
型紙の切り抜き側でけがいた。
こうすると、けがき線がわずかに残るように
バンドソー で切り抜いて、残ったけがき線が
消えるところまで 削るとネック側とほぼ合う
”はず”。

問題は厚みがあるところを、どうすれば真っ直ぐに上と下が
同じ形に削れるのか?だうまい!

« ネックジョイント作製開始 | トップページ | ネックジョイント失敗 »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/29090945

この記事へのトラックバック一覧です: ネックジョイント続き:

« ネックジョイント作製開始 | トップページ | ネックジョイント失敗 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ