« | トップページ | 端材棚作成 »

2009年5月 5日 (火)

2号5号サイド再作成

ちょっとインレイに逃げていました(^^;)がいつまでも
避けているわけにも行かないので失敗したサイドの
(失敗したのはサイドじゃぁないけれど)再作成をはじめた。

まずは材の切り出しとサンダー掛け、曲げまで。

2gousaidosaisakusei 2号の材はシカモアの杢無し。
これは非常に曲げやすかった。今まで
いろんな木を曲げたけれど、こんなに
素直な木は無かった。
やっぱりメイプル系の杢無しは素直で
いいなぁほっとした顔

5gousaidosaisokusei 5号はアフリカンマホで表面板と同じ材
からの切り出し。
こいつがくせ者で、きついRの部分を調子
よく曲げてよしよし と思っていたら、エンド
ブロックのところで簡単に折れた。
幸いセンターを数ミリ越えたところで折れたから良かった
けれどあと5mmずれていたらダメにするところだった。
リボン杢のマホは板目取りにすると、木目方向が変わる
所が極端に折れやすいことに気付いた。

そのあとはそういう部分に特別気を使って曲げたので、
何とか大丈夫だった。
こんな所でも新しい経験を積んでいるあっかんべー

« | トップページ | 端材棚作成 »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/29453855

この記事へのトラックバック一覧です: 2号5号サイド再作成:

« | トップページ | 端材棚作成 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ