« 指板R削り&外形切り出し | トップページ | 指板用バインディング曲げ »

2009年6月24日 (水)

フレット溝切り

今日の日記第1弾

指板の形が出来たところで、フレットの溝を切った。

Furettokiridougu 溝切り専用の治具や道具は持っていないので、
ガイドには自作のラディウスサンディングブロッ
クを使用。
鋸は替え刃式(薄刃)のものに深さを固定する
ため透明プラスチック板を両面テープで貼った
もの。

まずは鉛筆を尖らせて(写真なし=>そんなものいらんわっ)
出来る限り正確にフレットの位置を描く。
サンディングブロックの端を線に合わせる(深さ決めプラスチッ
ク分を引いて)
Furettokirikataブロックと指板をクランプして固定する。
鋸の刃を左手の指でブロックに押しつけなが
ら切る。
プラスチック板が指板に当たってそれ以上切
れなくなったら終了。
Furettokirisyuuryou この動作を指板1枚につき24回(2オクターブ
分だ)繰り返す。

指板一枚につきおおよそ30分かかった。と言
うことは、溝一本あたり1分強と言うところだ。

« 指板R削り&外形切り出し | トップページ | 指板用バインディング曲げ »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/30261981

この記事へのトラックバック一覧です: フレット溝切り:

« 指板R削り&外形切り出し | トップページ | 指板用バインディング曲げ »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ