« フレット溝切り | トップページ | 指板バインディング接着 »

2009年6月24日 (水)

指板用バインディング曲げ

第2弾

フレット用のバインディングを曲げた。
指板のボディ側がかなりきつく曲がっているので、
あらかじめ曲げておこうと言うことだ。
もちろんプラスチックバインディングなので、貼りながら
その場で曲げても何とかなるのだが、仕上がりはやっぱり
先に曲げた方が綺麗だから。

Sibannbaindelingujigu まずは曲げようの治具を作成する。
ベニヤ板に曲げる形に切り出した5mm厚の
桐の板をはる。
ここでちょっと失敗。
貼り付けるのにニカワ(ハイドグルー)を使った
Sibannbaindelingujigu2 のだが、この後でバインディング材を暖めなが
ら曲げることを 思い出した。
で、桐板を釘で固定し直した。

治具の形に合わせて、ドライヤー(女房のもの
Sibannbaindekingumage を拝借)でバインディング材を暖めながら曲げて、
固定する。

指板1枚あたり左右で2本合計8本出来た。

« フレット溝切り | トップページ | 指板バインディング接着 »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/30262251

この記事へのトラックバック一覧です: 指板用バインディング曲げ:

« フレット溝切り | トップページ | 指板バインディング接着 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ