« シックネスキャリパー&パフリングラミネーター | トップページ | けびき、スコヤ、型取りゲージ »

2009年7月15日 (水)

ヘッド整形の続き

外形を切り出し終わったヘッドの整形をした。

バンドソーで切り出しただけの側面をヤスリや彫刻刀で
丁寧に整える。
一言で言うとこれだけだが、これが案外面倒だ。
直線はきっちり直線に、曲線は滑らかに。
手で撫でてみてでこぼこ感が無くなるまで地道な作業だ。

側面が終われば次は厚みだし。
チューニングマシンのペグに合わせて厚さを整える。
このときにとても重要なことに気付いた。
3台分はGOTOで、1台はGloverなのだが、メーカによって
ペグポストの長さが違ったのだw(゚o゚)w

Gloverの方が約2mm長い。つまりヘッドもそれだけ厚く
なくてはいけないのだ。
実際に測ってみると3,4,5号はGloverのものにはヘッドの
厚みが足りない。かろうじて2号のものだけがこれに合う。

確認して置いて良かった。
ここでまた失敗したらバカだからなぁほっとした顔

2gouheddouraitaharituke 厚み出しをしなくて良かった(と言うかこれ

以上削れなかった)2号のヘッド裏に、メイ

プルのつき板を貼り付けた。
これはただの継ぎ跡隠しだな

« シックネスキャリパー&パフリングラミネーター | トップページ | けびき、スコヤ、型取りゲージ »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/30559515

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッド整形の続き:

« シックネスキャリパー&パフリングラミネーター | トップページ | けびき、スコヤ、型取りゲージ »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ