« ヘッドバインディング溝続き | トップページ | 4号機ヘッドバインディング貼り付け。 »

2009年8月10日 (月)

南京鉋再作成

南京鉋を作り直した。

前回作成したものは最初に真ん中で横に切って刃の入る部分を
彫って、後でつなぎ合わせる形だったのだけれど、横に切ったために
強度が十分ではなく、刃を引っ込めようとして台を叩いたら接着面が
剥がれたのだ。

Nankinngannnasaisakusei1 今度は台をまず横に切って、刃の入るところを彫り、
その後接着して外形を整えるという方法にした。

たぶん

そもそも、そんな風に最初に二つに切ってしまうのが
Nankinngannnasaisakusei2 間違っている!
とおっしゃる方がいるでしょうが、こういう方法
でやるのと、切らずに彫る のでは加工何度が
数段違うのです。
今の僕の技術ではそれなりに使える精度を求め
ればこの方法しかない。
逆に言えば切らずに彫って作ろうとしたなら、まったく使い物に
ならない がたがたスカスカへろへろの出来損ないになってしまう
のは明白です。

« ヘッドバインディング溝続き | トップページ | 4号機ヘッドバインディング貼り付け。 »

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/30910359

この記事へのトラックバック一覧です: 南京鉋再作成:

« ヘッドバインディング溝続き | トップページ | 4号機ヘッドバインディング貼り付け。 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ