« 南京鉋再作成 | トップページ | 5号バインディング溝仕上げ »

2009年8月14日 (金)

4号機ヘッドバインディング貼り付け。

今日の作業。

まずはバインディング溝の整形と掃除
大まかに削ってあった溝だが、表面か側面かいずれに
合わせて彫るのが正しいのか?と言うところが見えなかった
ので 、仕上げをためらっていたのだが、先輩諸氏のご助言を
いただき 進むべき方向を見つけたため、前に進むことにした。

ご助言をいただいた先輩方へ、この場を借りて御礼申し上げ
ます。

で、どういう風に溝を仕上げるのかというと、2台はヘッド表面と
直角に、後2台は側面と平行に仕上げることにした。
結局何も解決したわけではないようですが、僕にとっては随分
大きな進歩なのだ。

まずは4号機から。
こいつは1.5mmバインディング1枚と0.3mmパフリング4枚
を重ねて貼るつもり。
溝の仕上げはヘッド表面と直角にした。
接着はアセトン使用。

4gouheddobaindelingu1 ドライヤーでバインディングとパフリングを曲げ、
春場所の形に合わせるのだが、これがなかな
か手強い。
特にスクロール部分がなかなかきっちりと曲が
らなかった。

4gouheddobaindelingu4 それでも何とか曲げてヘッドに会わせたところ
にアセトン注入。
貼り付け自体はちゃんと出来たのだが、場所に
よってはアセトンの せいでパフリングが溶け、
白黒白黒となるところが黒白黒とか白白黒
とか・・・一枚無くなってしまったような感じになってしまった。

4gouheddobaindelingu5 表面に直角にすると言うことは側面に角度を合
わせて削れば、表面に 見えているところが細く
なると言うことで、心配していたのだが、何とか
どうしようもないほど細くなってしまうことはなく、
許容範囲内 だと思う。

ピンぼけ写真で申し訳ないm(.._.)m

« 南京鉋再作成 | トップページ | 5号バインディング溝仕上げ »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/30959820

この記事へのトラックバック一覧です: 4号機ヘッドバインディング貼り付け。:

« 南京鉋再作成 | トップページ | 5号バインディング溝仕上げ »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ