« 神戸旅行 | トップページ | 3号ネックブロック破壊&再作成 »

2009年9月 2日 (水)

3号機ネック仕込みの続き

3gounekkusetto3 3gounekkusetto5 3gounekkusetto3_2




3号機のネックの仕込みの続き。

隙間が沢山出来てしまったので、シムを挟んで埋めようと
言うところ何ですが、いつもなら、ネックを仕込んだ状態で
シムをたたき込むところですが、今回は一旦ネックを抜いて
シムを貼り付け、シムを削りながらもう一度仕込んでゆくという
面倒なやり方にした。
もちろんそうした方がきっちり出来るからだけれど、仕込みの
作業をシム2カ所(ダブテイルの一番奥とネックの右側)別々に
やったので、結局ネックを3回仕込むことになったようなものだ。

で、削って合わせていく方法が良かったのか、接着剤なしでも
きっちり出来て、押しても引いてもびくともしないようにし込めた。

そして接着。
きちきちに嵌め込んだネックをやっとの思いでブロックから抜き、
タイトボンドを塗って再度押し込む。

うっ入らない。
タイトボンドの水分を吸って気が膨らんだのか。
後3mmがどうしても入らない。
早くしないとボンドが乾いてどうしようもなくなる。
焦った。
木槌で叩いた。
入らない。
さらに焦る。
金槌で叩く
入らない。そして抜けもしない。

さっきまで入ったのだから入らないはずはない。
強く叩く。

ブロックが割れたげっそり

もうパニック状態だ。

割れたブロックにタイトボンドを塗る。とにかくずれないように
必死で押さえる。

何とかついたようだ。

きちんと乾いたら、ブロックとネックがしっかりと付いているか
どうか確かめてみよう。
それでダメならまた作り直しだ泣き顔

巧くなりたいと言っている尻からこれだ。
情けなくなってくる。

« 神戸旅行 | トップページ | 3号ネックブロック破壊&再作成 »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/31211582

この記事へのトラックバック一覧です: 3号機ネック仕込みの続き:

« 神戸旅行 | トップページ | 3号ネックブロック破壊&再作成 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ