« 拾いもの&インレイ素材 | トップページ | ブリッジ上部品続き »

2009年10月28日 (水)

ネック接着&ブリッジ部品作成始め

いよいよネックの接着

ボディとネックの接合部付近を丁寧にサンディングした後
濡れ雑巾で粉を拭き取り。

しっかりと水を含んだところでもう一度ネックを押し込む。
3,4,5号機は強く押し込めばきっちり奧まで入ったが、
2号機だけはなぜかどうしても入らない。

Nekkusettyaku多分シムが余分に吸湿してそうなっているのだ
と思うが、 入らないのでは仕方ない。
湿った状態でもう少し削る。

タイトボンドをたっぷりと付けて強く押し込む。
一度失敗しているので、ちょっと不安だったが
今回はきっちり 入ったわーい(嬉しい顔)

接着剤が乾くまでは手出しできないので、ブリッジ上部品の
作成に取りかかった。

Birijjiuebuhinn1 前もって切り出してあった(キャンプ場で作る
つもりだったから)
黒檀をヤスリで厚み出し、弦の太さに合わせ
弦長変わるため 上面が凸凹(表現が悪いなぁ、
写真を見ればわかるからいいか)
になるように彫刻刀で削り出す。

Burijjiuebuhinn2 削った面を平らに、面と面はきっちり直線で
合うように。
この段階でなるべくシャープな感じになること
を心がけて削る。

どの工程も好きではあるのだけれど、
その中でも特にこの作業は楽しい。

勾玉作りを敬遠しているのはこう言うのが大好きだからだ。
この手の工作にハマったら先に進まなくなりそうだからだうまい!

« 拾いもの&インレイ素材 | トップページ | ブリッジ上部品続き »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/31978100

この記事へのトラックバック一覧です: ネック接着&ブリッジ部品作成始め:

« 拾いもの&インレイ素材 | トップページ | ブリッジ上部品続き »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ