« ブリッジ上部品続き | トップページ | 裏面板チューニング »

2009年11月 5日 (木)

タップチューニング(;_;)

いよいよ最も難しく、最も重要とテキストに書いてある工程。
タップチューニング。

ネック、側面板、ブロックを貼り付けた状態で表面板の
タップ音をあわせるのだ。

できあがりのねらいは高音側ブレーシングをタップした音が
A#、低音側がG#だ。

使う道具は
タッピングハンマー(木の棒にフェルトを貼ったもの)
バイオリン鉋
おもちゃのキーボード(音程だけは確かだ)
そしてストロボチューナー

ストロボチューナーにコンタクトマイクをつけて、
エンドブロックにセット。

ネックを持ってハンマーでブレーシング中央を叩く。

あれ?
ストロボチューナは動いているけれど表示する音が??
同じ場所を叩いて耳には同じに聞こえるのに違う音を示したり、
違う場所を叩いて違う音に聞こえるのに同じだったり。
タップ音が短すぎてうまく反応しないのか?

仕方ないので、キーボードに切り替える。
A#を鳴らして、タップ。を繰り返す。
音質が全然違うので、解りにくいがタップ音が高いことだけは
解る。

ブレーシングの両端を少し削る。

どれくらい削ればどれくらい音が下がるのかが解らないから、
少し削ってはタップを繰り返す。
Aよりは高くBよりは低いと言うところまでは来たのだが、
それが A#と比べてどうなのかが解らない。
大体良いところかな??

しかしこの方法も問題あり。
ハンマーの出来が悪いせいか、叩き方やハンマー側の叩く
位置で耳に聞こえる音が随分違うのだ。
強く叩いたり、真ん中で叩くと「カン!」と高い音が鳴るが、
弱く叩いたり、ハンマーの端で叩くと「コン」と低くなる。

根本的にやり方がおかしいのか?
それとも道具が悪いのか。

ストロボチューナーが期待通りに動かないのはどうして?? 

悩むところだ。

とりあえずハンマーだけは作り直そう。

« ブリッジ上部品続き | トップページ | 裏面板チューニング »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/32085645

この記事へのトラックバック一覧です: タップチューニング(;_;):

« ブリッジ上部品続き | トップページ | 裏面板チューニング »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ