« 裏面板チューニング | トップページ | ブリッジ下部品作成2 »

2009年11月11日 (水)

ブリッジ下部品作成開始

ボディの方は一旦おいて作りかけのブリッジを
やることにした。

下部品は手順を間違うととんでもなく面倒になるので
気を付けなければいけない。

まずは材の切り出し。
側面と底面が直角になるようにしながら底面の直線を出す。

上面は側面と直角に底面と平行に、直線になるよう気を
付けて。

センターラインを書いて、外形を書いて。
次は穴開け。穴の位置と、直角はずれると上部品が
入らなくなる。
Burijjianaake 慎重に穴の位置を決める。
ボール盤で穴を開ける。
うちのボール盤は安物で精度とストロークが
ダメなので、出来ないが、出来れば上部品と
一緒に穴を開けた方が良いかも知れない。

次はブリッジ底面の罫書き
Burijjisokokatadori1 今回は型取りゲージで表面板の型を取って、
そのままブリッジの下部品に写した。

型取りゲージは真ん中あたりの針を一本
だけずらして置いて、そこをボディ、ブリッジ
のセンターに合わせた。

Burijjisokokatadori2 この線にきっちり合わせれば、後のすりあわ
せが随分楽に出来るはずだ手(チョキ)

« 裏面板チューニング | トップページ | ブリッジ下部品作成2 »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/32178286

この記事へのトラックバック一覧です: ブリッジ下部品作成開始:

« 裏面板チューニング | トップページ | ブリッジ下部品作成2 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ