« バインディング巻き終わり | トップページ | 5号サンディング »

2010年1月23日 (土)

修復&サンディング

バインディング巻きがやっと終わった。
長く苦しい旅だった

塗装にはいる前のサンディングに取りかかるのだが、
その前にいろいろちまちまやらなくてはいけない。

3gouitikizusyuufukumae ボディを箱にしてからもう随分経つので、面板
のそこかしこに打ち傷が出来ている。
何しろ屋外作業なので、毎回出したり入れた
りしているから仕方がない。

3gouitikizusyuufukugo 写真は比較的大きな打ち傷だけれど、こんな
奴でも一発で 修復できる。
やり方は極簡単。スチームアイロン5秒間。
たったこれだけ手(チョキ)

そして、バインディングのつなぎ目の隙間にはチョーク粉+
エポキシ。バインディングと木材の間の隙間の大きいものは
瞬間で再接着。小さなものはWoodFilPatyで修復した。

塗装前のサンディングはとても大事だ。
ここでしっかり綺麗に滑らかにしていないと、後で塗装する
ときではどうしようもなくなるから。

今日はたっぷり時間があったが、サンディングまで出来た
のは一台だけ。

3gousukurorusiagemigaki スクロール部分の尾根線はエッジがしっかり
としていて 滑らかな曲線になるようにと思って
作業したつもり。

そうなっているかな?

« バインディング巻き終わり | トップページ | 5号サンディング »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/33100158

この記事へのトラックバック一覧です: 修復&サンディング:

« バインディング巻き終わり | トップページ | 5号サンディング »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ