« 修復&サンディング | トップページ | 下地仕上げの続き »

2010年1月24日 (日)

5号サンディング

5gouhyoumensiagemae 5号機のサンディングに取りかかった。

表面裏面共に斜めから逆光で見ると凸凹が
あるのがわかる。
これを均していこうと言うことだ。

5gouhyoumennsukurorusiage その前にスクロール部分の仕上げ削りをした。

バインディングのつなぎ目付近にかなり大き
な隙間があるので それを埋めて、
後は昨日の3号機と同じだが、マホガニーは
杢理が工作しているので、スクレーパーを
5gourimennsukurorusiage掛けるとささくれ立つ。

エッジはスクレーパーで出して、そのほかの
部分はペーパーでちまちまと削った。
あんまり出来は良くない涙

2号機と4号機はバインディング溝の幅が狭くなっている部分
があり、側面と面一にするとバインディングの一番外の白が
薄っぺらくなってしまったので、その部分を剥がしてもう一度
やり直した。
これはあんまり酷い状態だったので皆さんにお見せできない

« 修復&サンディング | トップページ | 下地仕上げの続き »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/33112424

この記事へのトラックバック一覧です: 5号サンディング:

« 修復&サンディング | トップページ | 下地仕上げの続き »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ