« フレット打ち、指板接着 | トップページ | 修正開始 »

2010年2月21日 (日)

3号機を見ていただいた。

3号機を先行して作り、最初にグラスビートのライブに持っていった。

皆さんに弾いてもらいご意見を戴いた。

ナットの溝が浅く弾きづらいこと、ネックが太く感じること、G弦がビビル事
指板が波うっていること
3gounekkusyuuseimae
主にこの3点をご指摘いただいた。
おそらく形がいびつなことや塗装が下手なことには目をつぶって

演奏者としてどうしても譲れない部分をご指摘いただいたのだと思う。

3gounekkuomote_2G弦全体がビビルのはブリッジにひびが入っていたからだと解ったので、
ブリッジを交換し、ナットの溝を削りなおして神戸に持っていく。

Northfieldさんgranadaさんに見ていただく。

3goubodeliomote_2 ここでも指板の波打ち。そしてネックの形は同じように指摘いただいた。
それにプラスして形や塗装についてもいろいろ教えていただいた。
3goubodeliura
一人で作っていると解らないこと、気付かないことがが多く独りよがり
になるので、どうしてもこういう機会が必要だと今更ながらに感じた。

皆さんに戴いたご意見をしっかり活かしてこれからも作っていこう。

« フレット打ち、指板接着 | トップページ | 修正開始 »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/33479401

この記事へのトラックバック一覧です: 3号機を見ていただいた。:

« フレット打ち、指板接着 | トップページ | 修正開始 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ