« ライブでの評価&不具合 | トップページ | 春の物欲その1 »

2010年4月21日 (水)

不具合の修正開始

不具合見つかった2台の修復作業に取りかかった。

3号機はネックの反りとネック仕込み角度。
5号機はネックの反りだ。

ネック仕込み角度は指板をはずして、ネックを削る。
おおよそだが、12F位置で約2mm削る予定だ。

ネックの反りがトラスロッドで改善されていないので、もう少し
トラスロッドの溝を深くし、仕込み時のトラスロッドの曲げを
大きくする。

と言うわけで、スチームアイロンで指板を剥がす。
指板はきれいに剥がれたが、ネック周辺の塗装が、スチームで
やられて新たな不具合を作ってしまった。
リペアマンたちはいったいどうやって指板を剥がすのだろう?

トラスロッドの方は一旦蓋を削り取って、ロッドを抜き、彫刻刀で
しこしこと溝を深くしてゆく。
ヒール部分にあるトラスロッドエンドの位置は変えずにネックの
中央あたりから先を深くする。
最初に作るときはトリマーで、一気に掘るので楽だが、一旦出来
上がるとトリマーを使うことは出来ないので、全て手彫りだ。

深く彫り込んだらロッド蓋を作って再接着。

ぐちゃぐちゃになってしまった塗装をサンディングして再度着色
して、シェラックでシールコート。

4goutorasuroddosaisikomi 5goutorasuroddosaisikomi

今日はここまで

« ライブでの評価&不具合 | トップページ | 春の物欲その1 »

フラットマンドリン2号機」カテゴリの記事

コメント

蝠楽亭さん、昨年、広島や愛媛のフェスで感じたことがあります。内緒にしたいので直接メールくださいませんか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/34328088

この記事へのトラックバック一覧です: 不具合の修正開始:

« ライブでの評価&不具合 | トップページ | 春の物欲その1 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ