« 表面外削り、耳接着、指板切り出し | トップページ | 表面板仕上げ削り-1 »

2010年6月28日 (月)

表面板内側削り始め

表面板の内側を削り始めた。

最初に彫刻刀でざくざくと・・・以下省略あっかんべー

ここまでのポイントはとにかく削りすぎないこと。
やりすぎたら後戻りは出来ない。

表面、裏面共に外側の削りは外形を形づくり、内側の削りで
音が決定する。特に表面板は弦の振動を直接受けるのだから
大切なのだ。

1

大まかな削りは出来たので、ここから先はタップしながら慎重に
進めることにした。
多分今から削る量は今までの10分の1になるだろう。
しかし、かかる時間は2、3倍になるはずだ。

最近になってやっと気が付いたことだけれど、楽器を作る工程は
どの工程でも、9割まで作る時間よりも最後の1割を作り込むのに
かかる時間が長いと言うこと。

しっかりじっくりやるぞ手(チョキ)

« 表面外削り、耳接着、指板切り出し | トップページ | 表面板仕上げ削り-1 »

マンドリン6号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/35553629

この記事へのトラックバック一覧です: 表面板内側削り始め:

« 表面外削り、耳接着、指板切り出し | トップページ | 表面板仕上げ削り-1 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ