« ブリッジ底面削り | トップページ | 着色 »

2010年9月29日 (水)

塗装の前に

今日は写真が多いので二つに分けて書く。

その1は塗装の前にやること

まずはボディ、ネック、ヘッド全てをサンディング。
#240、面板の完成後にいろいろ傷を付けてしまったり、汚したり
しているので、ここできれいにしておく。
とともに、面板やサイドを指で撫でてわずかな凸凹を均す。

#400は#240のペーパー傷を取って滑らかにするだけなので、
軽くサンディング。

最後にトクサで磨く。
今までならさらに#800#1200と行っていたところだけれど今回
はトクサで仕上げることにした。

Photo_2 Photo

掛けた感じではトクサはサンドペーパーではなくて、鉋やごく細かな
スクレーパーと言う感じではないだろうか?と思った。

かけ始めはシャッシャッと音がして、削りかすが出るのだが、艶が
出てくるようになると、削りかすの量が少なくなり、音も小さくなる。

以前顕微鏡写真を撮ったことがある(3月4日の日記参照)が、
トクサのシリカ粒は#1000のサンドペーパよりずっと粗かった。
しかし実際に磨いてみるとそれ以上の艶が出た。

写真で艶がちゃんと判るだろうか?

次に指板接着

これはいつもの通りで、オリジナルあっかんべー竹クランプと普通の
Fクランプを使って接着した。

Photo_3

このまま数時間放置してクランプを取った。
本当なら丸一日以上クランプしていないといけないのだけれど、
着色まで進めたかったから、はずしてみたら、特に剥がれてくること
もなく安定していたので、指板に力を掛けないように気を付けながら
着色作業に移った。

« ブリッジ底面削り | トップページ | 着色 »

マンドリン6号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/36995870

この記事へのトラックバック一覧です: 塗装の前に:

« ブリッジ底面削り | トップページ | 着色 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ