« 多治見マウンテンタイムフェス | トップページ | 7号機始動! »

2010年10月20日 (水)

アジャスタブルブリッジ&微調整

多治見で皆さんに弾いてもらっていろいろな意見を伺った
なかで、今から調整できるところを修正した。

一つ目はアジャスタブルブリッジへの変更

Photo

Photo_3 Photo_2

固定式ブリッジが悪かったわけではないが、弦高の微妙なところを
演奏者の好みに合わせて調整できること、ネックが反ってきた時に
対応できると言うことが有利であると言うことで、ある程度まで 準備
してあったアジャスタブルブリッジを仕上げて交換した。
もちろん固定式の物も捨てずに取ってある。
指板材のハカランダの余りから作っているので、下部部品も上と
同じ厚さである点以外は普通のブリッジだ。

弦高の調整

ブリッジを新しくしたので、当然やらなくてはいけないことだ。
ナット溝切りヤスリを重ねてやっていたけど、やっぱりシックネスゲー
ジを買おうと思うあっかんべー

ナットの調整

ナット溝が浅くて1フレットが押さえづらいと言う話だったので削りなお
した。目が悪くてよく見えないために少し臆病すぎた。
今回はよく見えるようにヘッドライト&ルーペを使った。完璧だ指でOK

1,2弦の複弦の間が少し狭いため、チョーキングの時に弦間が狭く
なって弾きづらいと言うことだったので調整した。

1弦の中央よりの弦と、2弦の外よりの弦が強く弾いたときに少しビビル
ので今回の溝は指板に平行ではなく少しヘッド側に角度を付けて掘った。

弾いていると手が当たって痛いと言うことで、ナットの両端の面取りをした。

エンドピンの交換

ちょっとしたミスでエンドピンが割れてしまっていたので交換した。

他の方のマンドリンと比べるとfホールがかなり細かったので、少し広げよう
かとも思ったが、それをしたら良く鳴るという確信がないので今回は保留した。

« 多治見マウンテンタイムフェス | トップページ | 7号機始動! »

マンドリン6号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/37321528

この記事へのトラックバック一覧です: アジャスタブルブリッジ&微調整:

« 多治見マウンテンタイムフェス | トップページ | 7号機始動! »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ