« 7号機始動! | トップページ | 材の切り出し »

2010年10月27日 (水)

表面板接ぎ合わせ&黒檀切り出し

まずは手始めに表面板材の接ぎ合わせをした。

Photo

慎重に隙間が出来ないように左右の接ぎ合わせ面を削って、接着は
いつもの通り専用台に乗せて楔で締め上げる方法。
他の人のホームページなどでこの工程をさらっと書いているが、これ
がなかなか面倒な工程で、ちょっとでも隙間があったり接着が甘いと
面板の削りの時に取り返しの付かない状態になるのだ。

続いて指板用黒檀材の切り出し。

Photo_2

縞黒檀の厚板8cm*3.1cm*80cmをバンドソーで挽き割りした。

指板用6.3mm板2枚、ヘッドプレート用の2mm板1枚
フィドルの指板テールピース用10mm板1枚

愛用のレクソンバンドソーに16mm幅のブレードの組み合わせは
なかなか良い精度。もちろんセッティングには十分時間をかけてるが、
鋸傷以外の厚みの誤差は800mm長さで0.1mm程度だった指でOK

Photo_3

後はネック材などに罫書きして今日の作業はお終い

« 7号機始動! | トップページ | 材の切り出し »

フラットマンドリン7号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/37416997

この記事へのトラックバック一覧です: 表面板接ぎ合わせ&黒檀切り出し:

« 7号機始動! | トップページ | 材の切り出し »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ