« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

表面板外側 一旦終了

「表面板の外側は楽器の顔」だからきれいに作らなきゃ

っていうことで、荒削りを早々に切り上げたのが祟って、
小さい鉋での削りが大変だった

Photo

削っては型を当ててを繰り返してなんとかそれらしくなった
ところで一旦終了。

Photo_2

まだ凸凹はかなり多いけれど内側を削る時に表に傷が入る
のを見越して、最終の仕上げ削りの分を残している。

この作業は結構疲れるから一時は電動彫刻刀を使おうかと
思ったこともあるけれど、大切な部分だし、一番好きな作業
でもあるので、そんな電動工具に取られちゃつまらないから
飽くまでも手作業を貫くのだ指でOK

今日は、昨日聞いたロイド・ロアーの音が頭にこびりついて
離れなかったので、「ロアーだぞロアー!」って唱えながら
削っていた。

それでこれかよ?って??
いやいや、これはまだ途中だからこれで良いのだあっかんべー

2010年11月27日 (土)

ロイドロアーの音

楽器の材料を買っているスチューマックで見つけました。

http://www.stewmac.com/shop/Tuners/Mandolin_tuners/Waverly_Mandolin_Machines/Waverly_Mandolin_Machines_with_Nickel_Baseplate.html?tab=Video#details

演奏はほんの少しですが、チューニングの音。
これがロアーか。
凄い。
鳥肌が立ちました。
これがみんなの目標なんだ。
負けるものか(^^;)

2010年11月24日 (水)

表面板外側削り2

今日は例の「カホーンみたいな巣箱」を4つ作ったので
マンドリン作成はちょっとだけ。

Photo_2 Photo

表面板外側の削りを追加したけれどほとんど変わってないなぁうまい!

2010年11月21日 (日)

表面板外側荒削り

表面板の外側を荒削りした。

使った道具は丸鑿と四方反り鉋

Photo_3

ここまではフリーハンドで、大体こんな形かなっていう感じで掘ってゆく。
もちろん削りすぎは最悪なので、まだ実際の削り終わり位置から1mm
以上場所によっては数mm残した感じ。

特に表面板の場合は木目でざっくり行く可能性があるので鑿は放射状に、
鉋は同心円状に削っていく。

Photo_2

なんと言っても表面板の外側はマンドリンの顔だから、ここからの削りは
慎重に行かなくてはいけない。
Photo

前回と違うところはスクロール部分中心よりのところを少し削っている。
ここを削っておくとネックジョイント付近が削りやすくなることを先日学んだ
から真似をしたほっとした顔
やっぱり先輩の仕事を見るといろいろ学ぶことがあるものだ。

2010年11月10日 (水)

インレイ

今日は本当は側板曲げをするつもりだったのだけれど、風が強くて
断念した。

なのでインレイを入れてみた。

Photo

貝を切り出したのは6号の時なので約半年間放置してあったのを
出してきて、ヤスリで切り口を整えた。

Photo_2

これをヘッドプレートの上に置いて、シャープペンで罫書き、ドレメル
で掘った。罫書き線がとても見づらくて苦労したが何とか貝が収まった。

Photo_3

溝に瞬間接着剤(少な目)と貝を入れて接着し、その後隙間を埋める
ために木の粉+タイトボンドを充填した。

2010年11月 7日 (日)

6号機試奏

今日の作業は時間がなかったのでモールドの修正だけ

カーブが滑らかになるようサンディングをしただけなので写真は撮っていない

今日は近所に住むマンドラーのKさんに6号機を試奏してもらった。

youtubeにアップしたのでお聞き下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=ZL2jTtOcQWc

2010年11月 3日 (水)

材の切り出し続き

今日はネックとヘッドプレートの切り出し

まずはネックから
Photo_3

ネック角度を固定する治具にセットしてヘッドとネックサイド、ダブテイル
を切り出した。
ダブテイルはこの後楽しい仕込み作業があるからだいたいにして、
ネックサイドはほぼ設計図通りまでサンディングもして。
これも整形作業があるから幅合わせだけ。

ヘッドの切り出し途中でバンドソーのブレード破断泣き顔
切れるとブレードが止まるので危なくはないけれど、一緒に心臓も
止まりそうなくらいびっくりする。
罫書き線とブレードの位置に集中しているので、いきなり「バン!!!」
と音がするとそれはそれは驚くのだ。何たって夢に見るくらいだからげっそり

びっくりするだけなら良いけど2500円吹っ飛ぶし、その後の作業は糸鋸
で手作業だから3重に悲しい。

何とかかんとか切り出して、鋸傷をベルトサンダーとサンディングドラムで
落として。
Photo
忘れちゃ行けない右スクロールの割れ止めを入れる。

ヘッドプレートは今回もあらかじめバインディング分を引いた形に切り出し
今度は白0.5黒0.5白1.5でやるつもりなので、ヘッドより2.5mm小さく
切り出し。もちろん一回で上手くはいかないのでヘッドと合わせながら調整
した。

Photo_4

日曜に切り出した他の部品や6号機の時に一緒に作ったブロック類も
ベルトサンダーを出したついでにサンディングしておく。

切りくずの量は日曜の1割程度だけれど、調整や確認が入ったせいで
とても時間がかかった。

それにしても今年は蚊が少ない。
いつもなら11月末まで 悩まされるのだが今日は一匹も見なかった。
やはり夏の日照りが影響しているのだろう。
嬉しくもあり、寂しくもありと言うところかなうまい!

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ