« 裏面板スクロール&ヘッドプレート貼り付け | トップページ | 裏面スクロール部分のバインディング溝掘り »

2011年2月27日 (日)

裏面スクロール修正

先日ご指摘いただいたスクロールの修正

これがなかなか難しい。
わずかな削りで表情が随分変わってしまう。

稜線を膨らませるのはかなり修正できたと思うけれど、稜線終点付近が
アップで写真に撮るとまだ完全とは言えない。
バインディング巻きの後でバインディングはみ出しと一緒に削る方が良い
かと思って(苦しい言い訳だなぁ(^^;)

次の工程
バインディングの溝彫り
ドレメルで大まか彫って、後は彫刻刀で修正することにした。

全部を手で掘るよりはちょっとましかなっていう程度になってしまった。

ボディ部分でその状態なので、スクロールにいたっては全然彫っていない
のと余り変わりがない。

仕方がないのでそのまま手彫りで進めることにした。

Photo
Photo_2

写真は前回のスクロールと今日のスクロール

稜線終点から60度くらいまでが外に膨らんで丸みを帯びた形になり、
線そのものも少ししっかりしていると思う。
斜面がデコボコしているように見えるけれど杢の反射で実際にはその点
では大丈夫だと思う。
溝彫りは始めたばかりなのでまだまだこれからと言う状態。

« 裏面板スクロール&ヘッドプレート貼り付け | トップページ | 裏面スクロール部分のバインディング溝掘り »

フラットマンドリン7号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/39041235

この記事へのトラックバック一覧です: 裏面スクロール修正:

« 裏面板スクロール&ヘッドプレート貼り付け | トップページ | 裏面スクロール部分のバインディング溝掘り »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ