« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

ブリッジ整形開始

底面を削ったブリッジの整形を始めた。

Photo

上部品と下部品を切り離して、上部品は厚みを6.3mmまで落として
下部品はカーブを切り出す。

ボール盤の精度が悪くて、上下の穴がずれる可能性があるのでこういう
手順になってしまっているけれど本当は最初から別々に作った方がやり
安い気がする。

Photo_2

上部品の弦が載る部分を作り始めたところで今日は終了。
これから細かく削り込んで、綺麗にしていこう

2011年3月26日 (土)

ヤイリギター見学会

岐阜県可児市にあるヤイリギターへ行った。

ネットで知り合ったStorkさんとそのお友達、えぶりまんさんとお嬢さん
ギタつくさん、と僕の6人。

昼前に可児駅の近くで落ち合って、顔合わせを兼ねて昼食をとり、
13:30から見学会。

ものすごい量のギター材に圧倒され、実際に作業をしている職人さん達の
熟練の技に感嘆し、矢入社長の語りに職人の誇りを感じ。

素晴らしい見学会だった。

1.写真は膨大な量の材(乾燥中)
Imgp00921

2.ネックを削る職人さんの小刀を鉋のように使うすご技w(゚o゚)w
Imgp01021

3.バフ掛け作業
Imgp01181

案内の方(成瀬さん)の話はほとんど聞いていなかったが、
他にもたくさん写真を撮った。

2011年3月23日 (水)

ブリッジ底面削り

今日の日記第2弾

スクロール頂上部分のバインディングの修正結果。

Photo_2

はっきり言って上手くできているとはいいがたいけれど、なんとか
形だけはと言うところだった。

次にブリッジの底面を削った。

自作の削り治具にセットして、ボディ上に敷いたサンドペーパー
上でコシコシ擦った。

Photo_3

全面削られるところまでこれでやって、その後はチョークで当たり
を確認しながら微調整。

Photo_4

押さえつけなくても隙間が無い(明るい空にかざしても光が漏れない)
所まで、本当に削っているのか?と思うくらい少しずつ。

春が来た

今日バードウォッチングに行ったら畑の畦にツクシが無茶苦茶
たくさん生えていたので、採ってきた。

ハカマをとるのは面倒なので、うちではいつも「穂首刈り」だ。

Photo

カメラを持っていなかったので、茹で上がったところを写真に撮った。
明日の朝卵とじになって出てくると思う。

人間達はこういう状態だけれど、春はいつものように巡ってくる。
もうすぐ桜も咲くし、ツバメなどの夏鳥達も渡ってくる。

彼らにも原発の放射線は浴びせられると思うと申し訳ない気が
するが、ツクシはありがたく頂くことにした。

2011年3月20日 (日)

いつもの生活に戻って-バインディング修正

震災の話はまだまだ続くのだけれど、取りあえず義援金も送ったし、
他に出来ることもなさそうだし。
と言うことで、いつもの生活に戻ることにしました。

今日はバインディングの修正

前回巻いたバインディングは上手く行っていないところがあって、あちら
こちらに隙間が空いていたり、合わせ目がずれていたりしているので、
出来る限りの修正をした。

Photo_2 Photo

スクロール側面の隙間はアセトンを入れて上下からクランプして。
(木部にも隙間があるのでついでに)

ボディ側面や面板側の隙間もアセトンを入れて指で押さえた。

Photo_3

スクロール頂点のずれはバインディング端材をつっこんで埋める。
これはまだ修正がちゃんと終わっていないので、次回に写真を撮ろう。

2011年3月18日 (金)

何故なのか?

昨日の日記の続き

愛知県の救援物資受付を検索してみた。

ほとんどない。なぜ?

金を送るのが一番良いのは解っているが・・・
物で送るのは迷惑なのだろうか。

2011年3月17日 (木)

もし買い占めてしまったなら

昨日の日記の続き。

そこまで考えていなくて買い占めをしてしまった方がもしいらっしゃったら、
その物資を自治体の救援物資受付窓口に持っていったいただければ、
救援物資搬送車に載って被災地に届けられることでしょう。

被災者の足を引っ張りそうになった方であっても遅くはありません。
救援の手をさしのべてあげましょう。

2011年3月16日 (水)

買い占め御法度

地震、津波に加えて原発。

とんでもないことになっていますが被災地以外の人間は元気に彼ら
を応援するときなのだと思います。

自分の防災対策はひとまずおあずけにして、今は彼らの所に物資が
届き渡るようにしなければいけません。
1690658300_31

気持ちはわからないでもありませんが、今は買い占めは御法度です。

2011年3月13日 (日)

バインディング巻き

テレビを見るたびに暗澹たる気分になります。
一人でも多くの命が助かることをお祈り申し上げます。

うちは東海、東南海地震の震源予想域に近く、とても人ごと
とは思えません。
もう一度自分の防災についての備えを見直さなければいけ
ないと思っています。

昨日と今日の作業。

風もなく暖かい日だったので予定通りバインディング巻きを行った。
今回は0.5mmの白と黒、1.5mmの白を接着せずに曲げて、
貼り付けてみた。

Photo

厚さがない分曲げるのは随分楽だったが、貼り付け時にずれやすく、
結局上手くできないことに変わりはなかった泣き顔

2 1

何とか貼り付けは終わったが、アセトンやら、セメダインやらで汚く
なってしまったので、次回は丁寧に汚れを取り除かなくてはいけない

2011年3月 9日 (水)

バインディング曲げ失敗&ブリッジ作成開始

今日はバインディングを曲げようとしていた。

しかし風が強くて寒い日だった。

するとどうなるかというと、ドライヤーの風が直接当たる部分だけが
熱くなり、一部分だけがグニャグニャに柔らかくなるのだ。

頑張ってやってみたのだけれどやっぱりこういう日は無理にやると
ろくな事はないのだ。当然上手くいかなかった涙

暖かく穏やかになる日までこの作業はおあずけと言うことにして、
ブリッジの作成に取りかかった。

まずは表面板のカーブをブリッジ材に写し取るところから。

5円玉を使うとか、いろいろやり方はあるのだけれど、今回は先日購入
した型取りゲージを使った。

Photo

中央の針を1本だけ押し上げておいて、そこをセンターラインに合わ
せてゆっくりと表面板に押しつけるとアーチカーブに合わせて針が
動いて写し取ることが出来る。
Photo_2

それをブリッジ材に移せばきちんと表面板にあったカーブが描ける
と言うことになる。

カーブを描いた所でブリッジ型紙から外形を写して、サムホイールの
穴を開けた。

次は暖かければバインディングをやるし、寒ければブリッジ作業って
いう構えだあっかんべー

2011年3月 6日 (日)

ポイントプロテクター&ヘッドの溝

付けるのを忘れていたポイントプロテクターから。

1

角の先端を直線直角平面に削る。
この削りが実はとっても難しくてかなり苦戦したけれど、なんとか
きっちり出来たのでポイントプロテクター材を切り出して貼り付け。
今回は瞬間接着剤は使わずアセトンのみで貼った。

Photo

乾燥するまでの間にヘッドのバインディング溝を整えた。
ヘッドプレート先端部分が切りすぎていてちょっと良くないげっそり

そうこうしているうちにポイントプロテクターが乾燥したので、角の
形に合わせて削った。

Photo_2

最初に大まかな長さに削っていなかったので、面板の角部分を
痛めてしまった。次はちゃんと長さ合わせをしてから貼らなければ。

2011年3月 5日 (土)

バインディング溝掘り2

裏面のバインディング溝

今日はスクロール以外の部分に取りかかった。

Photo

スクロールに比べるとドレメルでの彫りがかなり効いているので
微調整ですんだ。

まだポイントプロテクターを貼り付けていないことに気付いたので、
明日取り付け部分を修正してから貼り付けよう。

続いて表面板スクロール部分。

Photo_3 Photo_2

材が柔らかいと言うこともあってあちこちに傷を付けてしまった。
溝そのものの修正もあるし・・・
上手くないねぇ涙

2011年3月 2日 (水)

裏面スクロール部分のバインディング溝掘り

裏面スクロール部分のバインディング溝掘り

前回の日記で彫りかけの汚い状態をお見せしたのだけれど
そこを今日はちょっと綺麗にした。

途中彫刻刀の切れがあまりに悪くなったのでよく見たら細かく
欠けていた[m:55]

それを研ぎ直すのに今日の半分ぐらいの時間がかかったので
スクロール部分をやるのが精一杯だった。

Photo

スクロール内側の頂点付近の底面は何とも上手くできない。
それようの特別な鑿を作るしかないのだと思う。

後は溝のカーブや底面がデコボコしないように気を付けながら
と言うことなのだけれど、わずか0.1mmでもデコボコ感がある
のでこれがまた見えづらい[m:57]

何とか出来たと思うのだけれど、また明るいところでよーく見直
す必要有りだ。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ