« 道具と台車 | トップページ | 基礎の位置決め »

2011年4月17日 (日)

丁張りその1

基礎作りの最初の工程

この位置に作るという場所を決めて、その外側に杭を打った。
外枠ではあるがある程度(1cm誤差ぐらい)の精度は必要だ。
壁面からの距離を測って90cmの杭を半分までカケヤでうちこんだ。

Photo

次に水平面を出す
建築予定地のほぼ中央に水を入れたバケツを置き、透明のホースを入れて
サイフォンの原理で各杭に水準線を描いた。

この線がこれからの基準線になる。これが正確でないと建物が傾くとういう事
は言うまでもないし、壁や天井がちゃんと収まらないのだ。

Photo_2

うちは暖地なので、地面が凍らないので、この線から10cm上(グランドレベル
から約20cm=基礎ブロックの高さ))を基礎の上面とした。
水準線から10cm上に基礎高さ線を描いて、その線に合わせて杭にに貫板を
打ち付けた。

マンドリンの方はどうなっているかというと、
2回目のシールコートが乾燥したので、刷毛塗りで出来たムラや目やせを
サンディングして、今は全面マットな状態。
これからシェラックのタンポ摺りを始める。

« 道具と台車 | トップページ | 基礎の位置決め »

自作工房」カテゴリの記事

コメント

いやいや!大工さんになっちゃいましたね~(笑)
基礎工事もプロ真っ青で…こりゃ気合い入ってますね!
こちら寒冷地では基礎工事は冬場はできません。
基礎ができたらいよいよ上物ですね。楽しみです!
棟上げ(餅投げ)には呼んでください(笑)
先日フジゲンやディバイザー(ヘッドウェイ)を見てきました。
後日ブログに載せます。
ヘッドウェイのアコギも面白かったですよ。
それではまた…

えぶりまんさんこんばんは

本当に始めてしまいました。
本当に自分でもバカだと思います。
全くの素人なので、本当にちゃんとできるのか??
頭の中で考えていたのと実際にやるのではやはり違っていて、キッチリできていなかったので、修正を繰り返しています。

今のところは修正ができる工程なので、後で後悔しないように何度でもやり直してキッチリやります(^-^)

フジゲンとディバイザー見学良いですねぇ。(v^ー゜)
ブログ楽しみにしています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/39648830

この記事へのトラックバック一覧です: 丁張りその1:

« 道具と台車 | トップページ | 基礎の位置決め »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ