« 楽器ケース完成 | トップページ | あんくるとむにて\(^o^)/ »

2011年7月17日 (日)

材の選定、研ぎ

今日の日記第2弾

楽器ケースが出来たので気分を良くして8号機に取りかかる。

まずは材を選ぶところから。

Photo_3

ネックとサイドはハードメイプル、バックはヨーロピアンメイプル
ヘッドプレートとブリッジはアフリカンブラックウッド、指板は
縞黒檀、ここまでは今までにも使ったことのある組み合わせ。

今回ちょっと違うのは表面板。アディロンダックスプルースにした。
シトカスプルースのように細かい木目ではないけれど、軽くて硬い
値段も良いだけれど、タップ音もやっぱりひと味違うのだ。

ざっと罫書き線を引いたところで、刃物の研ぎから開始。

Photo_4

一応使い終わったら研いで収納しているのだけれど、今回は
気合いを入れて全ての刃物を研ぎ直して最高の状態でやるのだ!

Photo_5

といっても彫刻刀と鑿だけでこの数。これに鉋が数本はいる。
萎えてしまいそう(;_;)

« 楽器ケース完成 | トップページ | あんくるとむにて\(^o^)/ »

マンドリン8号機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/40851225

この記事へのトラックバック一覧です: 材の選定、研ぎ:

« 楽器ケース完成 | トップページ | あんくるとむにて\(^o^)/ »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ