« 表面板削りは続く | トップページ | スヌレレのケース作成開始 »

2012年2月 1日 (水)

フレット打ち直し

マイミクのなべちゃんからマンドリンのフレットが減ってしまって
ローフレットを抑えた時にとビビルから直して欲しいとの依頼が
あったので、お受けした。

まずは現状確認から。
Photo
1から6フレットまでの減りが激しい状態で、それよりあとは余り
減っていないようだ。
なべちゃんからは減っているフレットだけ交換してくれればよい
と言う話だったので、この6本を打ち換えることにした。
Photo_2
先日購入した喰い切りみたいな抜く道具でちまちまとフレットを
起こして抜いた。ちょっとチップしかけで危ないところがあった
けれど、なんとかだいじょうぶか。
Dscn3287
このマンドリンはフレット両側をバインディングで覆う形なので、
長さを慎重に合わせて新しいフレットを切り打ち込んだ。
Dscn3288
金属粉が木目に入らないようにマスキングして、摺り合わせ。
僕の持っているフレットはオリジナルに比べるとかなり厚みがある
ので摺り合わせをしたら随分減った。(写真で赤く塗ってある所が
今回すり減らせた部分)
Dscn3291
この赤色を目印に頂点を少しだけ残して丸めて、サンドペーパー
で磨き、マスキングをはがしてもう一度指板を綺麗にして終了。

« 表面板削りは続く | トップページ | スヌレレのケース作成開始 »

マンドリン完成後のリペア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/43952127

この記事へのトラックバック一覧です: フレット打ち直し:

« 表面板削りは続く | トップページ | スヌレレのケース作成開始 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ