« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

サイドテーブル、卓上灯、馬台

工房内の改良その3

Photo
サイドテーブル1
使用中の工具などを一時的に置く場所が欲しかったので作成した。
Fクランプや鋸などよく使う工具を収納する場所を作って、足には
自由車4輪で簡単に移動、回転できるようになっている。
作業台上がぐちゃぐちゃにならない&工具を無くさない、落とさない
ようになるはず・・・
Photo_2
サイドテーブル2
細々とした物(文房具、サンドペーパー、測定具など)を入れてある
引き出し棚2つを置く場所を作業台の横に置いた。
サイドテーブル1と合わせて、よく使う物のほとんどがすぐに手の
届く場所にあると言う状態になった。
Photo_3
馬台
バンドソーで長尺物を切るときに材料を支えるための物。
一番上はベアリング付きのローラーにした。
Photo_4
卓上灯
作業台上に置いてあったが、すこし邪魔なので換気扇の下に
横向きに取り付けた。

これで工房内の改良は終了。

2012年10月25日 (木)

電動工具台下治具置き場&バンドソーベアリングガイド

工房改良その3
Photo
電動工具(バンドソー、ベルトサンダー)の台の下に板を貼って
治具を置く場所を作った。いままでは角度切り治具やガイドなど
を使うたびに台の上からどこか空いている場所に移していたから
これで置き場所が定まった。
Photo_2
つぎはバンドソーのベアリングガイド購入とセッティング
レクソンのバンドソーは刃の左右ガイドがプラスチック?で抵抗が大きく、
奧のベアリングもおかしな向きに付いていて、すぐに回転しなくなって
これも抵抗になっていた(写真の埃まみれになっているもの)。
抵抗が大きいために刃の破断が起きやすく、他のメーカーの(ちょっと高い)
物に付いているようなベアリングで出来たガイドがないかと捜していたら、
バンドソーの刃を購入しているところで売っていることが解ったので早速
購入した。
少し高かったが、破断の恐怖から開放される&刃の購入回数が減ることを
考えれば価値があると思う。

2012年10月22日 (月)

工房改良その2=塗装ブース

工房改良その2は塗装ブース

改良のポイントは3つ

Photo
足が細く不安定なので太くし、同時に下部にコンプレッサーが入るように
足を長くした。。

Photo_2
扉を左開きから右開きに変えた。

Photo_3
換気扇からの距離が近すぎてダクトチューブの取り回しが窮屈だったので
少し位置をずらして余裕を持たせた。
このあとシリコンシーラントで隙間を埋めて空気漏れ防止をした(今まではガムテープだった)

2012年10月17日 (水)

工房改良その1=作業台天板張り替え

8号マンドリンは一旦お休みして

使い勝手の良くない工房内のいろいろを改良したい。

まずは作業台から。

今まで使っていたのは2バイ4に使う木材チップを接着剤で固めた感じの板
だったが、表面がデコボコで使いづらかったので18mmの集成材に交換した。

Photo
中央10cmを切り離して取り外し可能にした(縦方向に切りたいときにこの方が便利)
取り外せる中央の板は補強のためにブレーシング(じゃないか?)を取り付けて位置決めは
木ダボ。

天板に10cm間隔で10mmのクランプを取り付ける穴を開けた。

2012年10月10日 (水)

弦張り&音出し

弦を張ってみた。
Photo Photo_2

Photo_3 Photo_4
一弦と4弦を張って、弦高を調整してから、ブリッジの位置を12Fでキッチリ1オクターブに
なるように調整して、そのあとで全ての弦を張ってチューニング。

全ての弦の全てのフレットで音のビリつきが無いかを確認(OK\(^o^)/)

トラスロッドを少し締め込んで、音出し。

演奏が下手なので本当のところは良く解らないけれど、音も大きいし、伸びも良し(*^^)v
高音も良く出ているのできっと上手い人が弾いたらかなりいける音だと思う。

2012年10月 7日 (日)

ポジションマーク追加&塗装磨き仮

マイミクさんからご指摘をいただいた10フレットのポジションマークを入れた。
10
指板に傷を付けないようにするのにちょっと気を使ったけれど大丈夫。
Photo_3
塗装の磨きを続けていたけれどどうも完全に綺麗にならない。
#400でやっても筋が残るので#240まで落とさなくてはならないけれど
そこまで粗いのを使うと薄い塗装を完全に剥いでしまうおそれがあるので、
取りあえずその状態で艶出し部品類を装着した
Photo
もちろん来週あたりにもう一度吹きつけから磨きをするつもり。

2012年10月 4日 (木)

フレット摺り合わせ&ナット作成

塗装を磨くのはもう少し後にして
フレットの摺り合わせとナットの作成をした。

#240をアルミアングル(今回は平面指板だから)に貼り付けて
力が平均に掛かるように気を付けて軽くコシコシ。
隙間が出来ていないか確認して、またコシコシ。

今回はそれほど時間がかからずにフレットの直線出しができた。
Photo
天辺が平らになっているのでフレットヤスリで丸みを出し直して、
#800と#2000で滑らかにした。
Photo_2
ナットを四角い骨棒から切り出して大きさ、形を現物合わせで
調整。フレットの高さに合わせて溝を切って磨いた。

2012年10月 1日 (月)

塗装磨きその1

前回の日記から5回ほど吹き付けたので、とりあえずここまでで
塗装の吹きつけは終わりにしたいと思う。

まだちょっと塗装が落ち着いていないと思いながらもサンドペーパーで
磨いてみた。

#800--2000
Photo
#4000--10000
Photo_2
細かな筋が見えるのでまたもう少ししてから磨き直そう(^^;)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ