« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月29日 (木)

裏面板外側削り始め

ネックの貼り合わせは綺麗に出来て、接着しないようにラップを挟み
込んであったトラスロッド蓋も問題なく外すことが出来た。
えらいぞサランラップ(*^^)v

一旦ネック材は置いて、裏面板の表側削りに突入!

Photo
一番好きな作業なので時間はあっという間に進み、指に疲労が・・・
まだ荒削り段階で型紙にも合わせていない状態。

2012年11月26日 (月)

9号機サイドベンディング修正&ネック切り出し、貼り合わせ

前回綺麗に出来ていなかった側板の一部(ネックジョイントから上角に掛けて)
の曲げを修正した。
Photo
今回の板は杢の数は少ないけれど深いので割れそうでヒヤヒヤ物だった(^^;)

次はネック材の切り出しと貼り合わせ。
Photo_2
材はホンマホ+黒檀。
12フレットジョイントでトラスロッド有り。黒檀部分はトラスロッドが入るので
あらかじめ切り離して挟んである。
蓋側は接着しないようにラップを巻いてある

2012年11月22日 (木)

サイドベンディング&ネック材切り出し

9号機の続き
Photo
サイド材を曲げてモールドに入れた。
ネックジョイントから上角に掛けての部分が綺麗に曲がりきって
いないが、この状態で一旦置いてネックジョイント部の形が落ち着いて
から、もう一度曲げよう。

Photo_2
ネック材のマホガニーとセンターに入れる黒檀を切り出した。
ギブソンのF4はトラスロッドが無いのだけれど、ネックの反りが出る
可能性があるので仕込みたいと思う。

10号機始動

前回の日記からしばらく書いていなかった理由

以前から頭の中で構想を練り続けていたオリジナルシェイプの
マンドリンを作ることにしたのだ。

図面を書いて型紙を作成して、材を切り出して、モールドを作って
・・・とやっている内にあっという間に2週間が経ってしまった。

「オリジナルシェイプなんてまだ早いだろーっ!」
と言う声が聞こえてくるような気もするが、9号機と同時進行で作って
どういう違いが出るのかを確かめたくなったから&うじうじ悩んでいる
よりはとにかく一歩進んでみよう!ということだ。

オリジナルシェイプと言うことで10号機については写真は無し。
進行具合は9号機と同じにするつもり。

後は出来てからのお楽しみ(^-^)

2012年11月 7日 (水)

9号機始動

最初は前回の続きモールド内型から。
Photo
型の内側2.5mmに合わせて削って完成。

そして9号機の製作を開始した。
9号機は発注者の好みに合わせて作成していくつもり。
形はF4オーバルホール。
表面板はアディロンダックスプルース。
裏面板とネックはカーリーメイプル。
ネックジョイントを15フレットにするか普通のF4同様の12フレットにするかは未定。
ピエゾピックアップを付けるかどうかも未定。
初めてのオーダーメイドなのでかなり緊張しているけれどしっかり作りたい。
Photo_2 Photo_3
まずは以前にブックマッチ接着をすませていた面板の切りだしから。
墨線の僅かに外側を切り出せばいいのだからこれは楽勝。

次はせっかく作った新しいモールドがあるから側面板の曲げをやろう

2012年11月 4日 (日)

モールド再作成

前回作りかけだったモールド
Photo
工程の概略
3枚のベニヤ板をセンターラインから15mmずらして2分割し、
一旦3枚(6枚)重ね合わせてダボで位置決め、ダボを抜いてから
6枚別々に切り出して(細い刃を使ったので破断防止のため)
もう一度重ね合わせてダボで位置決め、タイトボンド接着した。
罫書き線の僅かに内側を切りだしてあるので、ぴったりになるように
サンディングドラムで削り、さらに僅かな凹凸を手でサンディング。

内当て木
Photo_2
せっかく頑張ってモールドを作り直したので、側板はこれにキッチリと
合わせたい。と言うことで内側から押さえる当て木を切り出した。
外枠と同様に3枚別々にするのが面倒だったのでこちらは3枚接着後に
切り出した。
新しいバンドソーガイドは素晴らしく、33mm厚のベニヤ板を、かなりきつい
曲率で切ってもほとんどストレス無く切れた。
ここで章のところは終了。この後モールドから正確に2.5mm内側になる
ように微調整をすれば出来上がり。

2012年11月 1日 (木)

治具類の改良

工房の改良が終わったので、マンドリンの方に気持ちを切り替えて
8号機で使っていた治具類の精度とか強度に、ほんの少しだけれど
不満があるので改良、または補強をすることにした。

Photo Photo_2
ネックジョイントの角度切り治具の補強
精度的にはかなりいい感じで出来ているのだけれど、強度不足で
少し頼りないのでベニヤ板を追加して補強した。

Photo_3
次はネックの治具。少し角度が狂っているようなので再作成。
ネックを切り出した端材を利用しているので、つぎはぎで格好は
悪いけれど、しっかり接着&ネジ止めしてある。

Photo_4
最後はモールド。
サイドベンディング用の型と兼用しようとしてダボ継ぎで分解できる形に
していたけれど、ジョイント部分のずれがあってほんの少し大きかった。
今までの物はサイドベンディング専用にして、もう一度作ることにした。
ちょっと根を詰めすぎて疲れたので、途中でやめたが今度はバッチリ&
がっちり作りたい。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ