« 指板を張った奴出てこい! | トップページ | 表面版計測 »

2013年1月30日 (水)

指板が剥がれた

指板がやっと剥がれた。

結局熱では全く剥がれる気配なしだったので、アセトンを使用したら
あっさりと。
どこのどいつだか知らないが瞬間で付けやがったと思われる(`Δ´)!

Dscn3604 Dscn3605
そのあとまさか表面版も瞬間じゃァないだろうなぁなんてつぶやきながら
熱したステンレス板で挑戦したら、こちらは問題なく剥がすことができた。

で、再度表面版の観察。
Dscn3607
サウンドホール右側にあった亀裂はやはりブレーシングを超えている。
再塗装をした時にステインがかなり染み出しているのがわかる。
Dscn3608
ブレーシングそのものも3分の1ぐらいまで剥がれている。
Dscn3609
ブリッジ裏面にも亀裂があったようで瞬間接着剤で埋めてある。

誰が修理したかは分からないが随分ずさんなやり方だと思う。

やっぱり表面版換装を勧めたのは正解だったようだ。

« 指板を張った奴出てこい! | トップページ | 表面版計測 »

リペア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/49061076

この記事へのトラックバック一覧です: 指板が剥がれた:

« 指板を張った奴出てこい! | トップページ | 表面版計測 »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ