« 割れ止め接着 | トップページ | インレイ切り出しと埋め込み »

2014年1月 8日 (水)

ネックの仕込みから 裏面板貼り付けまで

今日の作業まずはネックの仕込みから
キットではあるけれどネックジョイント部分はラフに作ってあるだけなので、仕込みのための加工をした。
Photo
左右に振れていないか、仕込み角(ネック延長線上のブリッジ位置の高さ)は大丈夫か、側面板との間に隙間は無いかなどを見ながらの作業だけれど、ボルトオンネックと言うこともあってマンドリンのネック仕込みに比べれば楽な物だった。
つぎは指板。
Photo_2
フレット溝はすでに入れてあるので、ネックに合わせて切り出しポジションマークを入れた。
Photo_3
ヘッドプレートをヘッドの形に合わせて切り出し、貼り付けた。
そしてお待ちかねの裏面板貼り付け。
Photo_4
裏面板はブレーシングによってかなり強制的にアールを付けるので、ここはしっかりとクランプして貼らないと後で剥がれてきそうだ。と言うことで、クランプの締め付けはかなり強くした。
ボディの箱ができるともう少しでできる感じがしてうれしい(^_^)

« 割れ止め接着 | トップページ | インレイ切り出しと埋め込み »

ギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391310/54539172

この記事へのトラックバック一覧です: ネックの仕込みから 裏面板貼り付けまで:

« 割れ止め接着 | トップページ | インレイ切り出しと埋め込み »

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ