フラットマンドリン7号機

2011年5月25日 (水)

7号機完成

親指はまだまだ治っていないけれど、ぶつけなければ痛くは
無いので、最終工程のセル掻きの続きをやった。

いつもながら細かい作業で苦手ではあるが、今回は何日にも
分割してやったので、それほど苦にはならなっかった。

エルダリーに注文していたケースと弦も届いたので、弦を張り替え
てチューニングをして出来上がりだ\(^o^)/
7_2 7

7_4 7_3

7_7 7_5

2011年5月22日 (日)

完成目前なのに

昨日試奏してもらって、結構評判が良かったので最後の作業
セル掻きを再開した。

3時間ほどやって、半分ぐらいできたかと言うところで、
気分転換も兼ねて庭の草刈りをやっていたのだけれど、そこで
やってしまった。

親指の先(爪にかからないところ2mmくらい)を鎌でスッパリ
いったふらふら

傷口の大きさは10*7mmの楕円形で肉までやっちゃっている。
これでは当分作業できない。
ずきずきする泣き顔

7号機試奏

まだセル掻きを終えてはいないけれどグラスビートのライブに持ち込み、
弾いてもらった。

http://www.youtube.com/user/Fukurakutei?feature=mhee#p/u/0/Ceq3UUQaojw

2011年5月18日 (水)

仕上げ塗装2

もう一度仕上げの塗装をやった。

前回曇っているところや、荒れたところが残っていたので、その部分
だけやるつもりだったが、そんな器用なことはできず結局全部塗った。
Photo_3

Photo_2 Photo

写真は塗り終わったところでボディ全体と、アップ。
この後油分が浮いてくるので、それを拭き取って磨く予定だ。

2011年5月15日 (日)

仕上げ塗装

塗装の仕上げをした。

薄めたシェラックで塗った後に液体コンパウンド#9800で
磨いた。

Photo_2 Photo

新しい工房での作業だったが、夕暮れ近くになって磨いたので、
工房内では上手くできているように思ったけれど明るい室内で
もう一度見ると粗がいっぱい涙

これで塗装はお終いと言いたいところだったが、ちょっと修正が
必要だ。

写真がピンぼけなのはあらを隠すためではなく、単に暗くて
ぶれてしまっただけだうまい!

2011年5月11日 (水)

フレット摺り合わせ&ナット作成

今日の日記その2

久しぶりのマンドリンだ。

塗装はちまちまと平日にやってきたので、後仕上げを残すのみだが、
今日は雨で塗装できないので、フレットの摺り合わせをやった。

R12のブロックに新しいサンドペーパーを貼って、直線になるまで
ざらざら。平らになった天辺をフレットヤスリでガシガシ。

1

フレットの端を丸めて引っかかりを無くしたら指板の調整は終わり。

3

ナットの牛骨を大きさに切りだして角を丸め、ナット溝を掃除。
キッチリぴったり入ったわーい(嬉しい顔)

2
弦溝は弦を張る直前に切ろう。

こちらも完成目前まで来た。

後は最終の塗装と、セル掻き、磨き、部品を取り付けて調整したら
出来上がりだ。焦らず気を抜かずやらねば。

2011年5月 1日 (日)

セル掻き一回目

今日は雨だったし、工房の基礎はできているので、久しぶりに
マンドリンのお話。

塗装も最終段階に来て後仕上げをするだけになっているけれど
雨なので、塗りそのものはできなかった。

で、最後の塗りの前に表面を#2000でサンディングしたが
時間がたっぷりあったので、セル掻きをしてみた。

Photo_2 Photo

たっぷりあった時間でも全然足りず、セル掻きは途中までだった
けれどちょっときっぱりした色合いになった。

Photo_3

後仕上げのタンポ摺りをしてから、最終のセル掻きをしようと思う。
2度手間になるかも知れないけれど、まぁいいかあっかんべー

2011年4月10日 (日)

サンディング&着色&シールコート

まずはサンディングから。

面板削り時にかなり真剣に磨いたのだけれど、その後の工程で
細かな傷が入っているので、もう一度磨き直しした。

砥の粉を薄く溶いて塗り、#240で傷を取り、#400で#240の
ペーパー傷を均し、そのあと木賊で磨いて一旦ツヤツヤにした。

Photo_2 Photo

着色は明色にオレンジ、その後少しブラウンを追加し、徐々に黒を
入れて濃くしていった。

Photo_3

砥の粉で目止めをしたのだけれど、それでもなお表面右下と左下の
着色液の吸い込みに差がでて色の違いができてしまった。

何度も塗り直してみたが、吸い込まない物はやっぱり吸い込まなくて、
修正できなかった。
あんまりやると逆にせっかく苦労して着けたグラデーションがダメに
なりそうなので諦めることにした涙

Photo_5 Photo_4

今日の最後はシェラックのシールコート一回目。
着色が溶け出さないようにするのと、タンポ擦りの下地作りなので、
何回か濃い目のシェラックを刷毛塗りするのの一回目だ。

なんだかそれらしくなってきてちょっと嬉しいうれしい顔

2011年4月 6日 (水)

15フレットの横削り

何という名前か分からないんだけれど、15フレットの横に張り出し
ている部分を削った。

F_2 F

指板をネックに合わせて置いて、張り出しに小刀で印を付けて。
一旦指板をはずしてこの部分を彫刻刀で削って、ヤスリで削った。

Photo

指板裏面ととネックの表面をもう一度キッチリ平らにサンディング。
指板の延長線がブリッジの約4mm下に来る(弦高が12Fで約2mm)
事を確認して今日の作業は終了。

2011年4月 3日 (日)

ブリッジ仕上げ&ペグホール&ネック接着

ブリッジの仕上げ削りから。

Photo

大まかに削ったところから、ブリッジの段差を細かく削って整形し
ちょっと面取りした後油を着けて磨いた。
この艶が好きです揺れるハート

その後ペグポスト用の穴開け。
Photo_2

非力なボール盤なので、8mm穴を一気に開けることが出来ない。
何度も上げたり押さえたりを繰り返して何とか開け終わった。

最後はネックの接着。
Photo_3

計画通りちょっとだけ緩めにダブテイルを合わせてあるので、ニカワ
を着けてキッチリがっちり行ったと思う。
この後ちゃんとクランプしたのは言うまでもありません手(チョキ)

より以前の記事一覧

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ