マンドリン8号機

2012年12月24日 (月)

8号機完成

8号機が完成した。

もうとっくに出来ているんじゃないのか?俺は弾いたぞ!と
おっしゃる方も多いでしょうが、あの時点ではまだ完全には
出来ていなかった。
あの後一旦部品を外して塗装の凹み修正&再塗装、フレット
端の修正などをして、塗装が落ち着いた頃だろうと磨き直し。

そして完成写真
まだ塗装が下手で今ひとつ感があるのだけれど、これでも
作るたびに良くはなってきていると思う。
次はもっと良くなるはず。いや、良くするぞ!
Photo   Photo_3

Photo_4 Photo_5

Photo_6 Photo_7

Photo_8 Photo_9
Photo_10 Photo_11

2012年10月10日 (水)

弦張り&音出し

弦を張ってみた。
Photo Photo_2

Photo_3 Photo_4
一弦と4弦を張って、弦高を調整してから、ブリッジの位置を12Fでキッチリ1オクターブに
なるように調整して、そのあとで全ての弦を張ってチューニング。

全ての弦の全てのフレットで音のビリつきが無いかを確認(OK\(^o^)/)

トラスロッドを少し締め込んで、音出し。

演奏が下手なので本当のところは良く解らないけれど、音も大きいし、伸びも良し(*^^)v
高音も良く出ているのできっと上手い人が弾いたらかなりいける音だと思う。

2012年10月 7日 (日)

ポジションマーク追加&塗装磨き仮

マイミクさんからご指摘をいただいた10フレットのポジションマークを入れた。
10
指板に傷を付けないようにするのにちょっと気を使ったけれど大丈夫。
Photo_3
塗装の磨きを続けていたけれどどうも完全に綺麗にならない。
#400でやっても筋が残るので#240まで落とさなくてはならないけれど
そこまで粗いのを使うと薄い塗装を完全に剥いでしまうおそれがあるので、
取りあえずその状態で艶出し部品類を装着した
Photo
もちろん来週あたりにもう一度吹きつけから磨きをするつもり。

2012年10月 4日 (木)

フレット摺り合わせ&ナット作成

塗装を磨くのはもう少し後にして
フレットの摺り合わせとナットの作成をした。

#240をアルミアングル(今回は平面指板だから)に貼り付けて
力が平均に掛かるように気を付けて軽くコシコシ。
隙間が出来ていないか確認して、またコシコシ。

今回はそれほど時間がかからずにフレットの直線出しができた。
Photo
天辺が平らになっているのでフレットヤスリで丸みを出し直して、
#800と#2000で滑らかにした。
Photo_2
ナットを四角い骨棒から切り出して大きさ、形を現物合わせで
調整。フレットの高さに合わせて溝を切って磨いた。

2012年10月 1日 (月)

塗装磨きその1

前回の日記から5回ほど吹き付けたので、とりあえずここまでで
塗装の吹きつけは終わりにしたいと思う。

まだちょっと塗装が落ち着いていないと思いながらもサンドペーパーで
磨いてみた。

#800--2000
Photo
#4000--10000
Photo_2
細かな筋が見えるのでまたもう少ししてから磨き直そう(^^;)

2012年9月27日 (木)

塗装2から5回目

天気が良くなり湿度も低くなったので塗装を再開している。

このところ毎日一回吹き付けて今日は2回吹いたので合計5回になった。

ぱっと見では塗膜が厚くなったのを感じるほどではないけれど確実に
厚くなっているはずだ。
Photo Photo_2

Photo_3 Photo_4
写真的には何にも代わりはしない。と言ってもこんなにピンぼけでは
変わってもわかりはしないなぁ(^^;)

2012年9月19日 (水)

セル掻き終了

今日も天気が悪いのでセル書きの続きをやった。
Photo Photo_3
Photo_2
スクロールの中は特に苦労したが何とか終了。
次回からの塗装の続きに備えて、一回目の塗装に少しサンドペーパーを掛けて
ザラザラを取り除いておいた。

2012年9月16日 (日)

セル掻き途中

今日は湿度が高くて塗装は出来ないので
セル掻きをした。

セル書きで一番時間がかかるのはバインディングと木材の
合わせ目をきっちり出すこと。

で、そのこと専用に工夫をした。
Photo
スクレーパーの端を洗濯ばさみクランプで2.5mm(サイド側は5mm)
キッチリ出して、最初に合わせ目だけを削る。
もちろんスクロールとかは後で別扱いだけどこれで随分時間の
節約と精度が出せた。
Photo_2 Photo_3
とはいえ時間がかかる作業に代わりはないので、今日は裏面側だけ。

2012年9月12日 (水)

塗装開始

塗装を開始した。

今回はニトロセルロースラッカーでの塗装にした。
今年の始めにウクレレを作るときに練習したから
多分上手く行くと思う。
Photo Photo_2

Photo_3 Photo_4
まずは一回目のガン吹き
色もまずまずの発色になり今のところは問題なさそう。

2012年9月10日 (月)

着色

着色した。

本当はエアガンでむらなく綺麗にのつもりだったけれど、
吹き付けすぎて垂れてきたのを拭き取ったりして・・・
結局手塗りで着色したのと変わらない(^^;)
Photo Photo_2

Photo_3 Photo_4
写真では黄色から褐色のサンバーストに見えるけれど、
乾燥する前の本当の色はもう少し赤みが強くオレンジ系。
多分塗装すればちゃんと発色するはず。

より以前の記事一覧

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ