ウクレレ1号機

2012年4月22日 (日)

スヌレレ納品

今日の日記その1

昨日のグラスビートライブに行ってスヌレレを納品した。

依頼者のゆみさんが少し遅れて事だったので、その前に他の人たちに
見せたところ、見た目のかわいさはもちろん、音についても大好評だった。

肝心のゆみさんの意見も
「思っていたより良い出来で満足している」
と言うことだったので安心した。

ソニー・クリエイティブプロダクツに著作権の使用許可申請して商品化
しようかなぁ(^-^)

2012年4月18日 (水)

スヌレレ弦交換、マンドリン裏面板削り開始

スヌレレはノーブランドのちゃちな弦を張っていたので、
音が思っていたように出なかったので、WorthのCMという
弦に替えた。
やっとまともに音が出て一安心だ[m:205]

マンドリン
Photo_5
貼り付け終わったブレーシングを削り、サウンドホール保護用の
不織布を貼った。

Photo_6
それが乾くまでのあいだに裏面板の外側を削り始めた。
まだまだ荒削りまでも行かない段階ではあるが、メイプルを
削るのは楽しい\(^o^)/

2012年4月11日 (水)

スヌレレ完成

スヌレレが出来上がった。

まずは全体の写真
Photo  Photo_4 Photo_5
ヘッド
 Photo_9   Photo_7
ボディ

Photo_6 Photo_8
とりあえず手持ちの弦を張ってあるのだけれど、テンションが緩くて
気に入らないので、少ししっかりした物に張り替えたいと思っている。

2012年3月11日 (日)

スヌレレ完成&ケースの続き

スヌレレは順調に進んで弦を張ってみた。
Photo_2 Photo_3

Photo_4 Photo_5
ちょっと弦が高すぎて、オクターブピッチが高音側にずれるので
弦高の調整をして、一応完成した。

音も悪くはないと思うので、無理してサウンドホールを広げることは
しないでおこうと思う。

Photo_7 Photo_8
ケースの方は縞黒檀でバインディングを作成して貼り付けて、
蓋と胴に切り分けた。

2012年3月 7日 (水)

耳の切り出しと接着

前回2枚重ねて厚みを付けた皮を切りだして耳の形にした。
Photo
コバ(切り口)を#100、#240、#400のサンドペーパーで磨いて
表面の汚れを落とした。

本体の方は水拭き、アルコール拭きで汚れを落としておいた。
そして接着。

Photo_2

Photo_3 Photo_4
耳が大きいので本当はビス止めか糸で縫いつけるかして補強を考えて
いたけれど、いずれも見た目が悪くなるので、依頼主と相談の上で耳の
接着はヘッドの時と同様にクリアーのボンドのみになった。
(これなら剥がれたら自分で貼れるし、まぁそれで良いかって言うところ)

2012年3月 4日 (日)

スヌレレ フレット摺り合わせからペグ、耳の装着

スヌレレは大体形が出来たので、フレットの摺り合わせと
ナットの調整をした。

写真は撮り忘れたので無し(^^;)

ヘッドの耳貼り付け、ペグ取り付け

Photo Photo_2
ヘッド飾りのスヌーピーの耳は透明のボンド(Gクリアー)で
貼った。しっかりするようにビス止めしたいところだけれど、
格好悪くなるので断念。

ペグはGOTO。ノブの色が黒いのと、赤っぽいのがあったので
色味から赤っぽい方が良さそうなのでそっちを選んだ。

Photo_3
あとはボディのクリーニング、耳の貼り付けをしたら、弦を張って
チューニングしたら本体の工程はほぼ終わりか。

その前にケース作成をしておかなければいけない。

Photo_4 1
練習で作っていた蟻組みは、結局完璧な精度で治具でも作ら
なければ無理だと悟ったので普通にあられ組みにした。

2012年2月29日 (水)

耳用の皮作成開始

そろそろ大詰めに近くなってきたので、飾りの耳用の皮を作り始めた。
Photo
以前買った黒いヌバック皮(皮の表側がビロード状に起毛された物)を
切り出した。

そのままではかなり柔らかく頼りない感じなので、木工用ボンドで2枚接着。
皮工芸では乾いたときに弾力のあるタイプの接着剤を使うようなので、
普通に売っている木工用ボンドを使用した。

Photo_2
ヘッドにもスヌーピーがいるのでそっちの耳も切りだした。

Photo_3
革細工は初めてなので、練習を兼ねてピックケースを作ることにした。
切り出した皮の余りで6cm角くらいの大きさ。
まずは切り出して、3つ目錐で穴を開けた。

2012年2月19日 (日)

塗装磨き&ブリッジ接着

スヌレレの塗装は一応終わりにして、10日ほど休ませたので
サンディングを開始した。

Photo Photo_2

Photo_3 Photo_4

Photo_5 Photo_6
「犬の顔がピカピカって言うのも何だから半艶ぐらいで」と言う
ご注文なので#2000で終了

Photo_7 2
マスキングを外してブリッジを接着した。

2012年2月 8日 (水)

スヌレレ塗装終了間近

しばらく書いていなかったのでスヌレレの現状

Photo Photo_2
Photo_3
一週間に一度ずつ塗装を重ねて(途中何度かサンディングをしながら)
もうすぐ終了というところまで来ている。

どこまでやったら終わりと言うことは良く解らないけれどもうそろそろ
良いのではないかと思うので、あと薄目に溶いた塗料を重ねたら
お終いにしようと思う。

ケースの方はサイドのつなぎを蟻継ぎにしようと思って、やったこともない
加工をいきなり本番というわけにも行かないので、一旦端材で作って見た
けれど大失敗(;_;)
おとなしくあられ組みで繋ごうと思う(^^;)

2012年2月 5日 (日)

スヌレレのケース作成開始

しばらく情報を上げていなかったスヌレレももう少しで
塗装が終了するところまで来た。
昨日依頼主のゆみちゃんにケースはどうする?と訊いたところ、
四角いので良いです。との事だったので、ケースの作成に着手
する事にした。

材は桐。軽くて、あたりが柔らかくて、加工もしやすい。
Photo
今日は切り出して鉋がけをした

フォト

楽器リンク

無料ブログはココログ